フンガトンガ・フンガハアパイの大噴火の気圧変動をとらえた(3)

地球を一周した後、さらに回ってきたと思われる気圧変化が観測されたとのこと。

この時間の気圧の記録です。朝9時頃に飛び出たデータがあるのがわかります。この変動は何か変だとは思っていたのですが、まさか地球を一周回ってさらにやってきたものとは思いませんでした。


“フンガトンガ・フンガハアパイの大噴火の気圧変動をとらえた(3)” の続きを読む

フンガトンガ・フンガハアパイの大噴火の気圧変動をとらえた(2)

昨日、変動の最初を捉えたフンガトンガ・フンガハアパイの大噴火に伴う気圧変化のその後です。

緑が北側の窓の外、青は屋内(PM 9:00前から屋内外の差異が大きくなっていますが、このタイミングで浴室換気扇を稼働したので、その排気で気圧が気持ち下がっているのではないかと思います)、赤は南側の屋外です。グラフ上のデータにマウスオンでその時刻の数値データが表示されるはずです。


“フンガトンガ・フンガハアパイの大噴火の気圧変動をとらえた(2)” の続きを読む

フンガトンガ・フンガハアパイの大噴火の気圧変動をとらえた(1)

今日(日本時間の2022年1月15日の13時10分)にトンガ諸島のフンガトンガ・フンガハアパイが大噴火しました。

で、この規模の噴火になると大気圧の変動波が生じるようです。

そして、南鳥島でも観測されたということなので、待っていると・・・

自宅にもやってきました!
以前作ったBME280での測定環境CSS811での空気質測定(に同居しているBME280)環境で検出できました!!
緑が北側の窓の外、青が北側の室内、赤はベランダです。大噴火とはいえ、自宅に設置した機器で南太平洋の噴火の影響を観測できるなんてすごい時代です。

Linuxカーネルのルーティング制御

ふとした機会から複数のインタフェース、インターネット経路を持つLinuxマシンのルーティングの制御をする必要がでてきました。その際に調べたことをメモしておきます。

現状のカーネルのルーティングテーブルを表示する。

$ route -n
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
0.0.0.0         aaa.bbb.ccc.241 0.0.0.0         UG    0      0        0 enp3s0
0.0.0.0         192.168.1.254   0.0.0.0         UG    100    0        0 enx0000deafbeaf
0.0.0.0         192.168.10.1    0.0.0.0         UG    100    0        0 enp2s0
aaa.bbb.ccc.240 0.0.0.0         255.255.255.248 U     0      0        0 enp3s0
192.168.1.0     0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 enx0000deafbeaf
192.168.1.254   0.0.0.0         255.255.255.255 UH    100    0        0 enx0000deafbeaf
192.168.10.0    0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 enp2s0
192.168.10.1    0.0.0.0         255.255.255.255 UH    100    0        0 enp2s0

特定のインタフェースの優先度(Metric)を下げる。(注:マッチするマスク長の長さが長いほうが最初に優先されるので、通常はmetricには注意しなくてよさそう)

$ sudo apt install ifmetric

でifmetricコマンドをインストールして、

$ sudo ifmetric enp3s0 50

でインタフェースの優先度を変更する。変更後は、

$ route -n
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
0.0.0.0         aaa.bbb.ccc.241 0.0.0.0         UG    50     0        0 enp3s0
0.0.0.0         192.168.1.254   0.0.0.0         UG    100    0        0 enx0000deafbeaf
0.0.0.0         192.168.10.1    0.0.0.0         UG    100    0        0 enp2s0
aaa.bbb.ccc.240 0.0.0.0         255.255.255.248 U     50     0        0 enp3s0
192.168.1.0     0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 enx0000deafbeaf
192.168.1.254   0.0.0.0         255.255.255.255 UH    100    0        0 enx0000deafbeaf
192.168.10.0    0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 enp2s0
192.168.10.1    0.0.0.0         255.255.255.255 UH    100    0        0 enp2s0

特定のIPアドレスへの通信を特定のインタフェースから送信するため、ルーティングテーブルを追加する。

$ sudo route add -host 8.8.8.8 gw 192.168.10.1

または

$ sudo ip route add 8.8.8.8/32 via 192.168.10.1 dev enp2s0

変更後のルーティングテーブルは、

$ route -n
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags Metric Ref    Use Iface
0.0.0.0         aaa.bbb.ccc.241 0.0.0.0         UG    50     0        0 enp3s0
0.0.0.0         192.168.1.254   0.0.0.0         UG    100    0        0 enx0000deafbeaf
0.0.0.0         192.168.10.1    0.0.0.0         UG    100    0        0 enp2s0
8.8.8.8         192.168.10.1    255.255.255.255 UGH   0      0        0 enp2s0
aaa.bbb.ccc.240 0.0.0.0         255.255.255.248 U     50     0        0 enp3s0
192.168.1.0     0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 enx0000deafbeaf
192.168.1.254   0.0.0.0         255.255.255.255 UH    100    0        0 enx0000deafbeaf
192.168.10.0    0.0.0.0         255.255.255.0   U     0      0        0 enp2s0
192.168.10.1    0.0.0.0         255.255.255.255 UH    100    0        0 enp2s0

追加したテーブルを削除する場合は、

$ sudo route del -host 8.8.8.8

で操作できる。

既存のインタフェースにIPアドレスを一時的に追加

調査のために一時的にIPアドレスを追加で付与しました。その方法です。

$ sudo ip addr add aaa.bbb.ccc.244/29 dev enp3s0

MPLAB X IDE v6.00をインストールしてPIC24環境を作る

年末にインストールしたMPLAB X IDE v5.50 ですが、年明け1/2にv6.00が出ていました。それだけなら良かったのですが、v5.50を起動したらなにやらメッセージが出て、MCCが無効化されてしまいました。

有効化しようとすると、「The plugin Browser Libs is requested in version >= 4.1.16 but only 3.1 was found.」とかいうメッセージが出て、MCCが有効化できません。

なので、v6.00をインストールしてみることにします。(注:うまく行っていません)

“MPLAB X IDE v6.00をインストールしてPIC24環境を作る” の続きを読む

プロフェッショナルIPv6第2版

正直、あまりよくわかっていない、IPv6なのですが、解説書をダウンロードさせていただきました。頑張って勉強します。・・・が、早く自宅にもv6アドレスが降ってきてほしいです。大昔にmiredoとかgogoNETとかで遊んでみたことはありますが、ただそれだけです。

きっかけは、

のツイートです。このツイートにある「超凄いIPv6解説書(488ページ)を無料配布します!」というページに書籍版の購入方法や、電子版(PDF)の入手方法などがあり、自分は窓の杜からダウンロードしました。

ちょっと読んでみましたが、とっても良さげな感じです。それでも例によって、ダウンロードしたこと自体を忘れてしまいそうなので、こうして記事にしておきます^^;

ArmbianでmDNSの名前解決ができない

以前は問題なかったような気がするのですが、ArmbianでmDNSでの名前解決ができない現象にブチ当たりました。もちろん、avahi-daemonは入っています。

LinuxMintからはmDNSで名前解決できるArmbianのマシンがお互いにというか、全くmDNSで名前解決できません。

で、いろいろ調べてみたところ、以下で解決できました。

$ sudo apt install libnss-mdns

以前はインストールしなくても(というか、このマシン自体で)解決できていたような気がするのですが、気のせいだったのでしょうか。

『実践Rustプログラミング入門』を買ってみた

最近、久しぶりにC言語でコードを書いていて、『せめてC++で書けばよかった』とか思い始めました。『Rustで書けばもっと楽なのかも?』『Goの方がいいのか?』とか考え始めたのですが、まあ、そんなこんなで最近の流行りはRustらしいよねー、ということで、AmazonでKindle版が約半額くらいだったので、

[初田直也, 山口聖弘, 吉川哲史, 豊田優貴, 松本健太郎, 原将己, 中村謙弘, フォルシア株式会社]の実践Rustプログラミング入門

をポイントで買ってみました。

なんでそんなのをわざわざ記事にするのかと言うと、電子書籍は

買ったことを忘れるから

です。買ったことを忘れるので、できるだけ紙の書籍を買うようにしていたのですが、紙の書籍は最近いろいろ辛い(察してください)ので、結局読まないのです。

だったら、PCの画面上で読んでやろう、ということでブラウザで読めることを確認して初めてKindle本を買いました。が、この電子書籍版はコンテンツは画像イメージのようです。まあ、Linux版Chrome上でKindle Cloud Readerで読むつもりなのですが、余白がちょっと大きくて印刷したときに裁断する余白まで含んだ感じの大きさなのがいまいちなところです。(Kindle端末も調べてみたけど、どれも画面サイズが小さい。イメージ表示ではとても読めたものではない予感がします。)