Epoch.jsを動かしてみる

リアルタイムチャートといえば、Epoch.jsということらしいのですが、なかなか動かせずにいました。しかし、今回サンプルプログラムを動かすことができましたので、そのメモです。

参考になったのはこちらのヒサオメモさんのページです(大感謝)。こちらに沿って試させていただきました。同じようにチュートリアルのリアルタイムデモのページにそって動かすことを狙っていきます。

“Epoch.jsを動かしてみる” の続きを読む

鬱陶しい通知許可ポップアップを禁止する

Webを見ていて最近多いのが、デスクトップへの通知許可を求めるポップアップです。はっきり言って、許可したら鬱陶しいし、そもそも許可を求めてくる事自体が鬱陶しいです。

また、IPAからも案内されているように巧妙にデスクトップ通知を許可させようとする不正なサイトも横行しています。

IPAのサイトでの案内

なので、このポップアップを禁止できないのか調べてみました。なお、調べてみたのはLinux版のみです。Windows版もきっとだいたい同じだと思いますが、確認してません。

“鬱陶しい通知許可ポップアップを禁止する” の続きを読む

電源周波数観測のサーバプログラム更新(リアルタイム表示化)

1日に1回くらい起きる「突然51Hzくらいの瞬間がある」という現象に悩んで進まなかったサーバプログラム更新ですが、やっと更新しました。(51Hzくらいの異常データは単にフォトカプラのLEDのスレッショルド付近を跨ぐノイズだろうと思います。冷静に考えれば、本来1周期に1回のインプットキャプチャ発動が稀にノイズで1周期に2回起きてしまう=1秒間に50回のものが51回になる=51Hz付近に見えるというだけでしょう)

新バージョンでは毎回ページを全リロードするのではなく、増えたデータだけ受け取ってデータが増えたらchart.jsで描画しているグラフの部分だけを再描画しています。なので、転送量も減っているはず・・・だと思います。

“電源周波数観測のサーバプログラム更新(リアルタイム表示化)” の続きを読む

ATTINY版ソフトウェア修正

[2021/4/3] 再度修正しました。 平均値tAveVをuint32_tで保持していたのをfloatに変更しました。妙な桁落ち感が減った気がします。32bitの整数を50とかそんな値で割っていたのであまり変化はないはずだと思うのですが、グラフを描くと結構違います。

ATTINY版の電源監視ですが、フラッシュメモリの少なさからすべて整数演算にしていたのですが、若干誤差が大きいように思いますので、計算をfloatに変更してもフラッシュメモリ容量に収まるようなので、変更しました。(あと、何かの拍子に大きい値が出ます。原因は不明・・・というか、調べてません・・・が、それが治ることを期待して・・・ですが関係ないような気がするんだよなぁ・・・単に電圧がフォトカプラ内部のLEDの点灯/消灯のスレッショルドを跨ぐノイズが乗ってるだけだと思います。だとすると、治す方法は簡単ではないので諦めます。)

修正版は以下です。

“ATTINY版ソフトウェア修正” の続きを読む

Geanyのフォント

LinuxMint20で軽量IDEのGeanyを使っていると、(日本語環境だと?)アンダースコアが消失します。アンダースコアがみえず半角スペースと区別できないのは致命的です。

これは設定でエディタのフォントを変更すれば回避できるのだけど、どれもなかなかナニなので比較した結果をメモしておきます。

  • Monospace 10(初期設定のフォント)
    アンダースコアが表示されない。致命的。14ポイントとか巨大化すれば見えるけど、使い物にならん。
  • FreeMono Regular 10
    だいぶ字が小さいことと、jなどベースライン下に出る部分が欠けてしまう。
  • Liberation Mono Regular 10
    縦に詰まってる感じと字が小さめになる。
  • Nimbus Mono PS Regular
    字が小さめなのと、線が細い。
  • Noto Mono Regular
    字が少し小さめで改行が減る。10ptから11ptにするといいかも?
  • Takaoゴシック Regular
    Monospace 10と同じ気がする。こいつもアンダースコアがなくなる。
  • Ubuntu Mono Regular 10
    少し字が小さい。11にすると読めるが。12にすると結局アンダースコアが消える。

で、最終的にはLiberation Mono Regular 10を選択しました。

aiohttpを使ってWebsocket通信してみる

昨日のWebsocketのテストの続きです。こうなったら WebサーバもPythonで書ききってしまいたいものです。しかし非同期動作が必要です。で、asyncio とセットで調べていたら、

https://docs.aiohttp.org/en/stable/

が見つかったので、早速試してみました。CPythonでの拡張のようなので、

“aiohttpを使ってWebsocket通信してみる” の続きを読む