Quartus Prime Lite と ModelSim Starter をインストール

昨日ダウンロードした Quartus Prime Lite Edition と ModelSim Start Edition をインストールします。といっても、やり方がわからなかったので、適当です。^^;
OSはもちろんLinuxMint19.1 MATE edition 64bitです。

ホームディレクトリにダウンロードした以下のファイルをおいてあります。

  • ModelSimSetup-18.1.0.625-linux.run
  • Quartus-lite-18.1.0.625-linux.tar
  • QuartusLiteSetup-18.1.0.625-linux.run
  • cyclone10lp-18.1.0.625.qdz

この状態で実行属性をつけて、動かしてみました。

すると、ウィザードが立ち上がり、何も考えずに勧めていくと、途中でダウンロードしたファイルをすべて検出した状態でインストールするソフトウェアをすべて表示してくれました。

さらに進めていくと、

という表示が出て、勝手に起動する模様・・・・に見えましたが、

というエラーを出して止まっていまいました。

として、インストールしたディレクトリを削除して再度トライするも、やっぱりだめ。今度は、

を実行してから、再度インストールしたディレクトリを削除してトライ。今度は

という画面が出て、フル機能版のライセンスを買うか聞いてきます。趣味・勉強の範囲なので、そんな余裕もないので、真ん中を選んで実行してみます。

という感じで、Quartus Prime Lite Edition が無事に起動しました。

しかし、デスクトップにショートカットは生成されませんでしたので、デスクトップを右クリックして「ランチャの生成」で手動でランチャを作っておきます。

  • 名前は「Quartus Prime Lite Edition」
  • コマンドは「/home/(ユーザー名)/intelFPGA_lite/18.1/quartus/bin/quartus」
  • アイコンは「intelFPGA_lite/18.1/quartus/adm/quartusii.png」

として作成しておきます。作成したものをダブルクリックすると起動することを確認しておきます。

さらに、こちらの情報によるとModelSimを動かすには、32bit用のライブラリが要るらしいので以下の手順でインストールしておきます。

Arduino IDE 1.8.8を動かしてみた

久しぶりに Arduino IDE を使ってみたくなったのでLinux Mint 18.1 LTS上にインストールしてみました。ターゲットボードはずっと前に秋月で買った ESP32-DevKitC ESP-WROOM-32開発ボード です。

インストールの手順はこちらに記載されているとおりなのですが、なにはともあれ、こちらからArduino IDE 1.8.8 Linux 64bitをダウンロードして、ホームディレクトリに展開します。

展開したディレクトリに移動して、インストールスクリプトを起動します。

これでメニュー上に追加されます。

「ファイル」→「環境設定」で環境設定画面を開きます。設定の下の方にある「追加のボードマネージャのURL」に「https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json」を入力(下記)します。

次に、「ツール」→「ボード」→「ボードマネージャ」

で「esp32 by Espressif Systems」のところにある「インストール」ボタンをクリックしてインストールします。完了すると「ツール」→「ボード」でESP32を搭載したボードが大量に出てくるので、「ESP32 Dev Module」を選択します。

次に、サンプルを動かしてみます。今回はNTPサーバーにアクセスして時刻を取得するサンプルを動かしてみました。まず、「スケッチ例」→「ESP32」→「Time」→「SimpleTime」でサンプルを開きます。開いたら、上の方にある ssid と password の部分に手近な無線LANアクセスポイントの設定を記述します。

チェックマークをクリックしてビルドすると、エラーが発生します。いろいろ調べると、python の pyserial モジュールがないために発生するようなので、インストールします。そもそも、pip も入っていなかったので、インストールしました。

ビルドが通るようになったので、書き込んでみます。

「ツール」→「シリアルポート」で /dev/ttyUSB0 を選択した後、「ツール」→「シリアルモニタ」でシリアルモニタを開き、速度を 115200bps に設定します。その後で、右矢印マークをクリックするとビルドして書き込み、実行します。

うまく行けば、NTPサーバから取ってきた時刻(UTC)が表示されるはずです。

意外にあっさりと動いてしまいました。

DarkStarを動かしてみた

歴史遺産ともいえる、Xerox Starのエミュレータがgithubでリリースされたようです。エミュレータ自体はこちらで、ドキュメントはこちらで参照できます。

LinuxMint19上で実際に動かすには、まずこちらに従って mono をインストールします。

次に、必要なライブラリをインストールします。

ダウンロードしたエミュレータを展開します。

エミュレータを起動します。

しばらくすると、上の方にメニューバーと下の方にステータスバーのついたエミュレータウインドウが開きました。
この状態だと、ハードディスクイメージがないので、ハードディスクイメージを取ってきて展開します。

ダウンロードしたハードディスクイメージをセットします。
「System」⇒「Hard Disk」⇒「load」でイメージを指定します。今回は、ViewPoint-2.0-11-9-1990-18-38.imgを指定してみました。
その後、「System」⇒「Start」で起動するのですが、セルフテストの画面をたくさん表示した後、フリーズしてしまうようです。
「System」⇒「Alternate Boot」で「Rigid」を選んでおくと、セルフテストをスキップして起動するようです。しばらくすると、

ダイムゾーンの設定画面になりました。ここでは -9 を入れてみます。
・・・・が、キーマップがおかしいようです。数字だとキーが一つずれている感じです。

一旦停止させて、ディスクイメージを XDE-5.0.imgに切り替えて、再起動してみました。しばらくしたら、

2値ビットマップのウインドウ表示がされました。渋いです(笑)

秋月ドップラーセンサーキットをテストしました

3Dプリンタでケースを作った秋月ドップラーキットですが、テストしてみました。

環境はLinuxMint19です。

1.準備

  • システム管理の「ユーザーとグループ」でdialoutグループに自分のユーザーを追加
  • synapticでmoserialをインストール
  • 一旦再起動(実際にはログアウト/再ログインでいいはず)

2.通信ソフトのセットアップ

  • アクセサリの下のmoserialを起動
  • 「ポートの設定」で、デバイスを/dev/ttyUSB0(環境による)、ボーレートを9600、データのビットを8、ストップビットを1、パリティをodd、ハンドシェイクは両方共チェックなし、アクセスモードはRead and Write、ローカルエコーはチェックありに設定

3.接続

で、「接続」を押して接続・・・・すると、そこは USB-UARTチップがFT234Xなので、見事にデスクトップがハングアップしました。正確には、moserialは動いていて、@ERと@EOが繰り返し送られてきて表示されるのですが、何も操作できません。で、一旦、USBケーブルを抜いて、再度刺したらデスクトップが復活しました。

うーむ、相変わらずですね、FT234X。どうにかならないんですかねー??
でも、ぐぐっても、FT234XとLinuxの組み合わせでダメという情報は少ない。うまくいったという情報も少ないのだけど。(もっと正確に書くと、うまくいったという情報はポツポツあるのだけど、本当にFT234Xのままでうまく行っているのか、他のFT232R系のものに変えてうまく行っているのか曖昧なものが多いような気がする)

うまく行かないのは自分だけなんだろうか??

LinuxMint19にLTSpiceをインストールしてみる(2)

どうも、wineの最新版は、WineHQを公式ページからインストールするのが良さそうです。ですので、まずsynapticでwineで検索して、wine1.6、wine32など、関連しそうなパッケージを削除した後、

で不要と思われるパッケージを一掃して出直します。

公式ページの記載に従って、

とするのですが、最後のupdateで、

E: リポジトリ https://dl.winehq.org/wine-builds/ubuntu/sudo bionic Release には Release ファイルがありません。
N: このようなリポジトリから更新を安全に行うことができないので、デフォルトでは更新が無効になっています。
N: リポジトリの作成とユーザ設定の詳細は、apt-secure(8) man ページを参照してください。

となってエラーになってしまいます。うーん、ローカル側の感じがしないので、どうしたものか。
後戻りしてしまいました。

LinuxMint19にLTSpiceをインストールしてみる(1)

【注意:Synapticに初めから出てくるのは古いバージョンの可能性があるので、wineとwine32を削除後、$ sudo apt-get autoremove とした後、現在違う方法でやり直しています。】

ちょっと回路シミュレーションをしてみたくなったのですが、できればLinuxでやりたい。でも、GUIで簡単にやりたい。そして、今動かすならLTSpiceでしょう、というところなのですが、残念ながら、LTSpiceはWindowsとMacOS X用しか用意されていない。・・・となれば、Wineでトライしてみます。

いつものようにSynapticパッケージマネージャを起動、「Wine」で検索するとでてくる「wine1.6」を選択して依存パッケージとともにインストールします。

引き続き、LTSpiceのWindows版をダウンロードして、ダウンロードしたファイルに実行属性を付けます。

引き続き、Wineで実行してみます。

ということで、エラーになってしまいました。LTSpiceが32bit版のためのようです。

として大量のライブラリをインストールしてから、改めてトライしてみます。

とすると、しばらく沈黙したあと、以下のようなインストーラのウインドウが表示されるのだが、

ご覧の通り、文字化けしている。検索するとよくある現象の模様。
こちらのページを見ると、winetricksというツールで解消できる模様。

で起動して、「Select the default wineprefix」⇒「Install a font」⇒「cjkfonts」であとは従っていくとインストールできる。途中、警告がいくつか出るが、実行中のWineプログラムが終了されるというもののようなので、はじめから何も実行していなければそのままOKでよいはず。

$ wine LTspiceXVII.exe

でインストーラが起動し、まだ一部文字化けはあるもののなんとかインストール、起動まではたどり着きました。

以下のあたりも参考になりそうです。https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?pid=118386

 

HDDの状態をSMARTで調べる

整理したら古いHDDがたくさん出てきました。それぞれの状態を見てみたいと思います。
HDDの状態を見るといえばSMARTですが、Linux Mintの「ディスク」ユーティリティでもSMARTの状態を見ることができます。

ディスクユーティリティを起動して、対象とするHDDを選択したところです。ここではeSATAで外付けにしたHDDを選択しています。

右上の方のメニューに「SMARTのデータとセルフテスト」というのがあるので、これを選ぶと、最後に取得したデータが表示されるようです。

このHDD、自分の父がHDDを交換したので処分したい、ということで引き取ってきたものなのですが、どうも過去に温度条件の良くないところに突っ込まれてたのでしょうか。温度自体ではなく、Airflow Temparatureなので、筐体の温度ということではないのかもしれませんので、ファンでも壊れてたんでしょうか??(西日のあたるところに置かれてたようですが、それでも??)
それ以外は特に問題はないようです。

簡単に扱うならこれでいいのですが、できれば記録に残したいところです。そういう場合はCLIの方が便利です。

標準ではコマンドラインのツールは入っていないようなので、

としてインストールします。–info オプションをつけて smartctl コマンドを実行すると、デバイスの概要を表示してくれます。型番やシリアルナンバーも表示してくれるので、管理には便利です。今回は対象のデバイスが /dev/sdb ですので実行すると以下のような感じになりました。(他のデバイスで行うときには /dev/sdb の部分は読み替えてください)

最後の行にSMARTが有効かどうか記載されていますが、無効の場合には以下の方法で有効化する必要があります。

デバイスが対応しているテストを調べます。

最後の方に記載されている内容によれば、shortテストは2分、extendedテストは90分、conveyanceテスト(輸送時の影響を調べる)だと6分かかるようです。
90分は長いので、shortテストを起動してみます。

ということですぐ帰ってきます。実際の処理はバックグラウンドで行われるようです。なお、extendedテストを実行する場合は-tの後ろはlong、conveyanseテストを実行する場合はconveyanseを指定します。

テスト結果を表示してみます。

テストは無事にPASSしましたが、Airflow Temparatureのイベントに注意、ということみたいです。

最新のテスト結果のリストを表示してみます。

詳細の情報を表示してみます。

Arch LinuxのS.M.A.R.T.の項目を参考にしました(というか、概ねそのままです)

WindowsとLinuxで時計が狂うのを直す

昔から Linux と Windows のデュアルブートが可能な環境でOSを行き来すると、時計が大きくずれる現象が発生していました。これは Linux ではPCのハードウェア時計(RTC)が UTC(協定世界時)で動作しているのを前提としているのに対し、WindowsではRTCはローカルタイム(JST=日本標準時)で動作しているのを前提としており、それぞれのOSがNTPを利用して時刻修正を行って、それをRTCに反映していることが原因でした。

以前のバージョンのLinuxでは、 /etc/default/rcS に UTC=no と記載することにより、RTCの設定がローカルタイムであることを設定できたのですが、いつの頃からか /etc/default/rcS は存在しなくなっていました。

最近は Linux を使うことがほとんどで、それでもあまり困らなかったのですが、その修正方法がわかったのでメモしておきます。修正は以前と同様、Linux側で行います。使用するコマンドは timedatectl コマンドです。

ということで、最後の行にRTCがローカルタイムゾーンか否かの記載があります。で、

とするとこの設定を変更することができます。ところでこのコマンド、ハードウェア設定の変更に関わるものなのですが、root権限がなくても設定できてしまいます。(いいのかな?)

設定変更後に再度設定状況を読み出すと、

という感じで、警告が表示されます。

Jumper Ezbook Pro 3にLinuxMint19をインストール

先日購入した Jumper Ezbook Pro 3 に LinuxMint19をインストールしてみました。

LinuxMintは内蔵のeMMCの領域ではなく、増設した32GBのmSATAのSSD(安かった KingDian の JP-N400 32GB)にインストールすることで、Windows10は丸ごと温存します。

1.BIOSでUSBメモリからの起動を選択。

今回は Linux Mint 19 MATE の64bit版をインストールします。ISOイメージをダウンロードしてハッシュ値を検証した後、USBイメージライタでUSBメモリに書き込みます。書き込んだUSBメモリをEzbook3 Proに取り付けて電源投入しますが、すぐにDELキーを連打してBIOSに移行、起動デバイスをUSBメモリに変更してから起動します。

2.WiFiの設定(SSID選択、パスワード設定)

起動するとすぐにWiFiを見つけて設定するように促されますが、ここでは設定しません。リリースノートを見るとgrubのインストールに失敗する障害があり、その対策としてインストール時にネットワークに接続しない、というものが挙げられています。これでだいぶ時間を取られてしまいました。

3.内蔵eMMCを禁止。

起動後、ブートローダ等を含めて温存したいので、内蔵eMMCを禁止します。

実行すると、デスクトップ上のSDカードっぽいアイコンが消えます。ひょっとすると(おそらく?)内蔵のMicroSDカードリーダーも見えなくなるかもしれません。この状態でもちゃんと内蔵のMicroSDカードリーダーは見えます。

4.増設したmSATA SSDを初期化

ディスクユーティリティを使ってSSDを初期化します。初期化しないとこのSSDは全く見えず、インストーラも認識してくれません。

5.インストーラを起動してインストール実行

インストーラを起動、言語は日本語、キーボードレイアウトは 英語(us) を選択。特に難しいところはありません。

6.インストール完了後の設定

まずは誤操作でWindows10のパーティションを壊さないよう、内蔵eMMCを見えないようにします。

/etc/rc.localとして以下の内容のファイルを作成します。

次に、/etc/systemd/system/rc-local.serviceとして以下の内容のファイルを作成します

起動時に自動実行するように設定します。

これで起動後ログインするとeMMCの内容が見えなくなりました。

後は、通常のLinux Mintの設定と大差ありません。

  • WiFiの設定
  • アップデートの実行
  • 言語設定で不足しているファイルをインストール
  • 言語設定でIMEを選択。今回はfcitxを選択しました。ibusではUSキーボードで日本語入力モードへ移行するキーバインドが見つかりませんでした。fcitxの場合にはCTRL+SPACEに割り当てられています。

といったところです。

LinuxMint19をAthlon5350マシンにインストール

日本時間で6/30にLinuxMint19がリリースされました。Ubuntu18.04LTSベースなので、長期サポートが期待されます。(Webサイト上でも2023年までサポートって書いてあります)

で、いつものMATE版を以前組んだAthlon5350マシン(メモリ8GB+SSD64GB)に入れてみます。このマシンはこれまでは32bit版を入れていたのですが、さすがに今回は64bit版をインストールします。

インストールはUSBイメージライタでISOイメージをUSBメモリに書き込んで、そこから起動します。割と短時間で終了します。

インストール完了後、再起動して、アップデートマネージャでアップデートを適用します。その後、言語設定で「言語のサポート」から一番下にある日本語を選んで、「言語パッケージのインストール」を行います。次に入力方法で言語サポートの中から日本語を選んで「インストール」を行います。入力方法はデフォルトのfcitxのままにしました。(fcitxだとメニューの中に簡体中国語の表示のままのツール〔fcitx-qimpanel-configtool〕が出てくるので、ちょっと嫌なところはあるのですが・・)

基本的にはこれでおしまいなのですが、途中でSystem Snapshotを設定しろと煩かった(まあ、無視してもいいんですが)ので、試しにやってみます。System Snapshotを起動すると、スナップショットのタイプとしてRSYNCとBTRFSを選択するよう表示されます。デフォルトの選択はBTRFSの方になっているのですが、よくみると、インストール時点でBTRFSパーティションでないとダメと書いてありましたので、RSYNCの方にしてみます。(BTRFSだとファイルシステム自体の機能により瞬時にスナップショットが取れて、瞬時に戻せるようです)スケジュールは毎週(Weekly)にしてみました。初期状態だと、スナップショットがないので、初回だけCreateを押して、スナップショットを取ってみることにしました・・・・が、途中でクラッシュしてしまいました・・・。ということでヤメヤメ^^;

・・・で、このPCはいろいろ調査(主にWeb上)する際に使っています。以前はLinuxMint17とかLinuxMint18(非力なのでいずれもMATE版)を使っていたのですが、メモリコントローラがシングルチャネルのせいなのか64bit版では重くて、32bit版を入れていました。今回はさすがに64bit版にしたのですが、以前ほど重い感じはなく、ずいぶんと軽快になった印象です。理由はよくわかりませんが、体が慣れたのか、ブラウザが軽くなっているのか、Xサーバーが改善されているのかそれともウインドウデザインがシンプルになっているからなのか・・・?

まあ、主にWebで使うだけとしては十分なパフォーマンスになったように思います。