趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。※サイト移転しました(tomono.eleho.net ⇒ tomono.tokyo)
RSS icon
  • HDDの状態をSMARTで調べる

    投稿日 2018年 8月 15日 コメントはありません

    整理したら古いHDDがたくさん出てきました。それぞれの状態を見てみたいと思います。
    HDDの状態を見るといえばSMARTですが、Linux Mintの「ディスク」ユーティリティでもSMARTの状態を見ることができます。

    ディスクユーティリティを起動して、対象とするHDDを選択したところです。ここではeSATAで外付けにしたHDDを選択しています。

    右上の方のメニューに「SMARTのデータとセルフテスト」というのがあるので、これを選ぶと、最後に取得したデータが表示されるようです。

    このHDD、自分の父がHDDを交換したので処分したい、ということで引き取ってきたものなのですが、どうも過去に温度条件の良くないところに突っ込まれてたのでしょうか。温度自体ではなく、Airflow Temparatureなので、筐体の温度ということではないのかもしれませんので、ファンでも壊れてたんでしょうか??(西日のあたるところに置かれてたようですが、それでも??)
    それ以外は特に問題はないようです。

    簡単に扱うならこれでいいのですが、できれば記録に残したいところです。そういう場合はCLIの方が便利です。

    標準ではコマンドラインのツールは入っていないようなので、

    としてインストールします。–info オプションをつけて smartctl コマンドを実行すると、デバイスの概要を表示してくれます。型番やシリアルナンバーも表示してくれるので、管理には便利です。今回は対象のデバイスが /dev/sdb ですので実行すると以下のような感じになりました。(他のデバイスで行うときには /dev/sdb の部分は読み替えてください)

    最後の行にSMARTが有効かどうか記載されていますが、無効の場合には以下の方法で有効化する必要があります。

    デバイスが対応しているテストを調べます。

    最後の方に記載されている内容によれば、shortテストは2分、extendedテストは90分、conveyanceテスト(輸送時の影響を調べる)だと6分かかるようです。
    90分は長いので、shortテストを起動してみます。

    ということですぐ帰ってきます。実際の処理はバックグラウンドで行われるようです。なお、extendedテストを実行する場合は-tの後ろはlong、conveyanseテストを実行する場合はconveyanseを指定します。

    テスト結果を表示してみます。

    テストは無事にPASSしましたが、Airflow Temparatureのイベントに注意、ということみたいです。

    最新のテスト結果のリストを表示してみます。

    詳細の情報を表示してみます。

    Arch LinuxのS.M.A.R.T.の項目を参考にしました(というか、概ねそのままです)


  • USB3 to VGAアダプタで騙されました・・・

    投稿日 2018年 8月 12日 コメントはありません

    Amazonでたまたま見かけたUSB3.0 to VGAアダプタが値段も安く、「Amazon’s choice」とかロゴがついているし、評価も高かった上に、Q&Aで出品者が「Ubuntuでの動作をサポート」

    と書いているので、それを信じて買ってみたら、Linuxではそもそも認識すらしなかった・・・。時々ある「サイズ選択と言いつつ、全く違う製品がたくさん登録されていて、そっちの評価が高い」というパターン。

    Windows10に接続してみたら、ドライバはUSBマスストレージドライブ見せでsetup.exeを実行させるタイプ。これを VirusTotal に放り込んでみたら、トロイの木馬と判定するものもある。

    USBのベンダID(1D5C)とデバイスID(2000)からFresco Logicという会社のFL2000/FL2000DXという製品であることはわかったが、そこにあるドライバもVirusTotalに放り込むとトロイの木馬と判定するものもあったりする。

    まあ、ファイル自体はちゃんと署名されてるっぽいし、誤検知かもしれないので気にし過ぎかもしれないけど。

    Linuxについては未サポートだけど、GitHubにカーネルドライバーをリリースしたよ、という記載があり、そっちを見ると、確かにそれっぽいものがある。GitHubではテストはUbuntu 14 LTS でやったと書いてあるけど、1年位放置状態で誰もメンテしないっぽい。興味深いのは、この中にFL2000DXに関する記載があり、

    5. FL2000DX limitation.

    The FL2000DX chip is cheap by design where it doesn’t have a frame buffer on its own. It relies heavily on USB 3.0 transfer speed to accommodate continuous USB flow. The larger the image is, the heavier it depends on USB bandwidth. A typical 1920×1080@60 Hz requires 1920 * 1080 * 24bpp * 60 = 373,248,000 bytes/sec of traffic over the USB bus. As such, USB2.0 speed is not supported.

    Connecting more than one FL2000DX device to the same bus is deprecated.

    ということで、1920×1080@60 HzだとそれだけでUSBの転送速度として370MB/sを必要とするらしい。(まあ、この価格だとフレームバッファ無しでひたすら転送してるんだろうから、計算すればわかる話ではあるのだけど)
    これだと、そのポートには他のUSB機器も実質つなげないですね・・。


  • 結局もう1台のG530もアップグレードしました

    投稿日 2018年 8月 11日 コメントはありません

    かなり快適になったCeleron G530マシン1号機(今はCore i3-3220T)ですが、ソフマップにふと立ち寄ったところ、Core i5-3570Kが結構安価(8,000円弱)で目に入ってしまいました。

    ・・・で、SSDも160GBが4,000円弱で手に入ってしまったので、つい2号機もアップグレードしてしまいました。ケースもマザーもメモリも1号機と同じ構成なので、あっさりアップグレード完了。2号機はWindowsは入っておらずLinux専用機なので、Core i5-3570Kは1号機に入れようかと思いましたが、面倒くさいのでやめました。(そのうち気が向いたら入れ替えるかもしれません)

    こちらもDVD-Rは取っ払って、アイネックスの5インチベイ用 SSD/HDD変換マウンタ HDM-32にSSDを取り付け。もう1台の2.5インチベイのスペースには余っていた500GBのHDDを取り付けました。

    LinuxMint 19を入れてみたところ・・・超快適です。メインマシンにしてしまうかもしれません(笑)。


  • shredでHDDの消去

    投稿日 2018年 8月 10日 コメントはありません

    しばらく前からHDDをSSDに換装する作業をしていたので、HDDがあまり気味になってきました。処分するにも中身を確実に消さなければなりません。

    以前は、

    とかを何度か繰り返して乱数を書き込んでいたのですが、乱数書き込みは非常に時間かかり、数日で1台がやっとでした。今回、少し調べると、shred というツールで高速に乱数書き込みができるらしいことがわかりました。

    とすると、3回乱数を書き込んだ後、ゼロを書き込んでくれるそうです。しかも乱数書き込みは高速に行われるので、短時間で(といっても、1TBで半日くらいかかりそうですが・・・)処理が完了します。

    今回はマザーボードのeSATAポートに裸族のお立ち台eSATAプラスを介してHDDを取り付けて処理をしています。(現在進行系)


  • アップグレードしたPCのその後

    投稿日 2018年 8月 10日 コメントはありません

    先月アップグレードしたCeleron G530マシンですが、交換後は2core/2threadから2core/4threadになったので意外に速くなりました。

    このPCはもともと実験くんPCだったので、WindowsXP(Windows7だったかも?)からWindows8アップグレード(確か安価なキャンペーンをやっていた)を経てWindows10にアップグレードしたPCです。で、CPUアップグレードのついでに、500GBのHDDから余っていたSSD256GBに移行したところ、かなり快適になってしまいました。

    ・・・が、このPCはeSATA接続の外付けHDDとのデュアルブートでLinuxの実験マシンとしても使用していたのですが、CPUアップグレードに伴ってBIOSをアップデートしたら、増設のeSATAカードを認識しなくなってしまいました。このPCのケースはMini-ITXの小型のケースで5インチベイと3.5インチ内蔵ベイが一つずつしかなく、仕方ないので5インチベイのDVD-Rドライブを撤去して、そこに3.5インチのHDDを転がしていました。起動ドライブの選択自体は、BIOSでSATAをポートごとに有効無効が選択できるのでなんとかなりましたが。

    そんな状態で、ふと秋葉原を歩いていたところ、KingFastというベンダーの120GBのSSDが3000円台前半で売っていました。(なんか、最近SSDが激安になってますね・・)
    Linuxの実験用としては120GBもあれば十分ですし、HDDに比べれば大抵のSSDは高速なのでつい買ってきてしまいました。ついでに、アイネックスの5インチベイ用 SSD/HDD変換マウンタ HDM-32を買ってきて2台のSSDを内蔵化しました。
    CPUクーラーに近いところにある3.5インチベイが空いたおかげで、冷却も良くなったんじゃないかと思いますし、外付けのHDDも不要になったのでスッキリしました。

    かなり古いPCですが、まだまだ十分戦えそうですw。実際、消費電力効率とかハードウェアコーデックとかはダメダメですが、CPUの性能自体はJumperに使われているCeleron N3450よりも速かったりするんですよね。(用途がそもそも違いますが)


  • EzBook3 Pro用にUSBブートのLubuntuを作成

    投稿日 2018年 7月 30日 コメントはありません

    EzBook3 Proでいろんなこと(ちょっと危ないサイトへのアクセスを含む)ができるよう、USBメモリブートのLinux環境をつくります。

    1)LubuntuをUEFIで起動できるようインストール

    Lubuntu 18.04.1を別のマシンでUEFIで起動してUSBメモリにインストール。「ディスクを削除してLubuntuをインストール」を選択。パーティション作成時にESPパーティションが作られるのがポイント。

    2)内蔵SSDを見えなくする

    EzBookPro3に増設してあるmSATAのSSDを認識できないようカーネルに設定追加します。

    インストール完了後は、内蔵HDDを見えないように設定変更します。作業としては、 /etc/default/grub を開いて、 「GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT」の起動時オプションに「libata.force=disable」を追加します。修正後は、

    としてgrub.cfgファイルを自動生成させて反映させます。

    ちなみに、「libata.force=disable」のところを、「libata.for=1:disable,3:disable」のようにすると、特定のSATAデバイスのみ無効化できます。指定する番号は dmesg を見ると、

    と言うような箇所があり、このata1.00のデバイスなら1:disableを、ata2.00のデバイスなら2:disableを指定します。(注:このdmesgの例は EzBook3 Proのものではありません)

    3)内蔵eMMCを見えなくする

    /etc/rc.localとして以下の内容のファイルを作成します。

    次に、/etc/systemd/system/rc-local.serviceとして以下の内容のファイルを作成します

    起動時に自動実行するように設定します。

    これで起動後ログインするとeMMCの内容が見えなくなりました。

    4)言語サポートのインストール

    言語設定で不足しているファイルをインストールさせます。

    5)USBメモリへのアクセス高速化

    USBメモリへのアクセス時刻の記録を停止してアクセスを減らすとともに、/tmpをtmpfsにより確保してUSBメモリへのアクセスを減らします。/etc/fstab をのもとからある行にnoatimeオプションを追加し、さらにtmpfsで始まる行を追加します。

    追伸

    で増設したSATAが見えなくなるっぽい。事前に sync したほうが良さそうだけど。


  • Jumper Ezbook Pro 3にLinuxMint19をインストール

    投稿日 2018年 7月 26日 コメントはありません

    先日購入した Jumper Ezbook Pro 3 に LinuxMint19をインストールしてみました。

    LinuxMintは内蔵のeMMCの領域ではなく、増設した32GBのmSATAのSSD(安かった KingDian の JP-N400 32GB)にインストールすることで、Windows10は丸ごと温存します。

    1.BIOSでUSBメモリからの起動を選択。

    今回は Linux Mint 19 MATE の64bit版をインストールします。ISOイメージをダウンロードしてハッシュ値を検証した後、USBイメージライタでUSBメモリに書き込みます。書き込んだUSBメモリをEzbook3 Proに取り付けて電源投入しますが、すぐにDELキーを連打してBIOSに移行、起動デバイスをUSBメモリに変更してから起動します。

    2.WiFiの設定(SSID選択、パスワード設定)

    起動するとすぐにWiFiを見つけて設定するように促されますが、ここでは設定しません。リリースノートを見るとgrubのインストールに失敗する障害があり、その対策としてインストール時にネットワークに接続しない、というものが挙げられています。これでだいぶ時間を取られてしまいました。

    3.内蔵eMMCを禁止。

    起動後、ブートローダ等を含めて温存したいので、内蔵eMMCを禁止します。

    実行すると、デスクトップ上のSDカードっぽいアイコンが消えます。ひょっとすると(おそらく?)内蔵のMicroSDカードリーダーも見えなくなるかもしれません。この状態でもちゃんと内蔵のMicroSDカードリーダーは見えます。

    4.増設したmSATA SSDを初期化

    ディスクユーティリティを使ってSSDを初期化します。初期化しないとこのSSDは全く見えず、インストーラも認識してくれません。

    5.インストーラを起動してインストール実行

    インストーラを起動、言語は日本語、キーボードレイアウトは 英語(us) を選択。特に難しいところはありません。

    6.インストール完了後の設定

    まずは誤操作でWindows10のパーティションを壊さないよう、内蔵eMMCを見えないようにします。

    /etc/rc.localとして以下の内容のファイルを作成します。

    次に、/etc/systemd/system/rc-local.serviceとして以下の内容のファイルを作成します

    起動時に自動実行するように設定します。

    これで起動後ログインするとeMMCの内容が見えなくなりました。

    後は、通常のLinux Mintの設定と大差ありません。

    • WiFiの設定
    • アップデートの実行
    • 言語設定で不足しているファイルをインストール
    • 言語設定でIMEを選択。今回はfcitxを選択しました。ibusではUSキーボードで日本語入力モードへ移行するキーバインドが見つかりませんでした。fcitxの場合にはCTRL+SPACEに割り当てられています。

    といったところです。


  • Jumper Ezbook 3 Pro を買ってみた

    投稿日 2018年 7月 14日 コメントはありません

    諸事情により、リモートデスクトップのクライアント機が必要となり、安価なPCを探していました。もともと1366×768の画面表示のノートPCはあるのですが、やはり今時としては画面が狭く不自由です。

    で、画面が14.1インチと持ち運ぶには少し大きいもののドンキホーテのMUGA ストイックPCに目を付けて、レビューなどを眺めていました。それで、たどり着いたのがJumperのノートPCです。最初はJumper EZbook 3SEを候補にしていたのですが、Jumper Ezbook 3 Proの評判が良さそうなこと、アルミ筐体である程度のタフさがありそうなことや、RAMが6GBありSSDの増設が可能なのでデュアルブートにしてLinuxマシンとしても使えそうな気がすることから、Jumper Ezbook 3 Proの方を買ってみました。

    Webのレビューでは英語/中国語のWindows10で日本語がの作業が必要、ということで覚悟はしていたのですが、電源を投入するといきなり中国語のみの表示がでて不安な気持ちに・・・。

    しかし、・・・そのまままっていると、何も操作しなくてもしばらくして言語選択がでてきて、日本語を選択できました。以降、Cortanaがセットアップを手伝ってくれましたので、結果的に日本語化の作業は不要。ただ、セットアップ中に迷ったのはキーボードレイアウトです。日本語Windowsの場合、通常は日本語キーボードです。しかし、実機のキーボードは英語キーボードです。「2つ目のキーボードレイアウト」としてとりあえず「英語(米国)、US」を追加しておきました。

    あとは、ウィザードに沿って操作していくと特に迷うことなく初期設定は完了しました。結果的にキーボード選択は正しかったようで、これでキートップの表示のとおりに入力ができました。

    で、初期設定が完了すると、TOUCHPAD BLOCKERなるアプリが勝手に立ち上がってきました。このアプリ、表示が全部英語だったので、一瞬日本語化はされてないのかと思いましたが、そんなことはなく、このアプリが英語なだけでした。とりあえず機能をOFFにしました。

    引き続き、アンチウイルスソフトとして、Kaspersky Freeをインストール。Kasperskyのフルスキャンを待ちきれずに、早速リモートデスクトップクライアントを起動してみたところ、あっさりリモートマシンにつながりました。開梱から1時間かからずに、FullHDのリモートデスクトップクライアントとして使い始めることができました。

    開梱して1時間ですが、ここまで触った感触としては以下のような感じ。

    プラスポイント

    • アルミ筐体でヤワヤワな感じは確かにしない
    • デザインも3万円台半ばでFullHD表示ができるものとしては良い
    • メモリも6GBあるので、ここまでのところではもたつく感じは一切しない
    • 液晶はやや青みがかっているが十分綺麗で視野角も狭くない
    • 音も使うだけなら十分
    • 13.3インチ液晶はちょうどよいサイズ。ドット抜け等もなさそう。

    マイナスポイント

    • 製造管理の問題だが、画面枠の梨地の部分に擦った跡がある。カメラ左の部分なので結構目立つ。まあ、使ってるうちにすぐにこのくらいの傷はつくので良しとしますが。
    • ヒンジ部分のデザインの処理がいまいちかも。でも、外からはわからないし、使っているユーザーしか気づかないレベル。まあ、この価格と仕様で言う文句ではないだろう。
    • ACアダプタのプラグ部分が折りたたみだったら嬉しいところ。折りたためないので持ち運び時には嵩張る。
    • 起動中にJumperのロゴの後ろに中国語が表示される。(社名か何か?)
      これとヒンジのデザインの処理の部分がなければ中華PCとはそうそう思われないのに・・・。(Windowsのカスタムのスプラッシュ・スクリーンかもしれないので、クリーンインストールすると出なくなるのかも)

    その他

    • マニュアルも日本語のページがある。でも、Windows10の操作に関する一般的な内容。せっかくだから、キーボードの選択のこととかが書いてあればいいのに。
    • 相変わらずWindowsUpdateは糞遅い。まあ、Windows機すべてに共通する話ですが。
    PC

  • PCをグレードアップ(笑)

    投稿日 2018年 7月 6日 コメントはありません

    いろいろ実験用に使っていたPCが突然BIOSを含めて画面が全く出なくなってしまいました。試してみると、VGAもHDMIもどちらも出ません。CPUはCeleron G530なので、CPU内蔵グラフィックスですから、VGAとHDMIに共通する部分というと、もうCPUしかない気がします。

    ・・・ということで、ダメ元でCPUを交換してみることにしました。

    1.交換するCPUは?

    マザーボードはAsrockのH61M-ITXなので、調べてみるとSandyBridgeとIvyBridgeのLGA1155ソケットのものが使えることがわかりました。なので、Core-iシリーズだと2000番代と3000番代が対象、ということになります。
    秋葉原のソフマップでSandyBridgeかIvyBridgeの中古CPUで安いもの・・・Core i3-3220Tの中古品を買ってきました。(本当はTなしが良かったんですが、ちょっとお高めになってしまうのでやめました)

    2.交換の前に・・・

    実は、もう1台同じ構成のPCがあるので、そちらのCPU(これまたCeleron G530)を壊れたPCに移植、今回買ってきたCore i3-3220Tはもう1台の方に組み込もうかと思い、もう1台の方のPCをモニタにつないで起動しようとしたところ・・・・全く同じ症状が発生。これはモニタの方か?ということで、ノートPCをつないでみると・・・・画面は出ました。
    わけがわからなくなって、とりあえず、全部の電源プラグが刺さっているところにあるスイッチを切って、電源を入れなおしてみたトコロ・・・・どちらのCeleron G530マシンも画面がでて動作するようになりました(爆)

    どうやら、原因はモニターの方のEDIDがトチ狂ってたような気がします。モニターの電源ボタンでのOFF/ONは頻繁にやるのですが、プラグまで抜くことはまずありませんでした。それがプラグ部分での電源OFF/ONにより内部が完全にリセットされたのだと思います。

    3.で、CPU交換してみた

    もはや修理目的でのCPU交換は不要になってしまったのですが、せっかくなのでCPUを交換してみました。
    ついでに、ほとんど使うことのないDVD-Rドライブを撤去しました。買ってきたCore i3-3220TはTDPが35WなのですごくチャチなCPUクーラーが付属していましたが、クーラーについてはCeleron G530のもの(TDP 65W用)をそのまま使いました。熱的に余裕がある方がいいですしね。

    交換結果はもちろん問題なし。ベンチマークとかは取ってないので効果の程はわかりませんが、2core/2threadから2core/4threadになったので、きっと役に立つこともあるでしょう。

    PC

  • LinuxMint19をAthlon5350マシンにインストール

    投稿日 2018年 7月 1日 コメントはありません

    日本時間で6/30にLinuxMint19がリリースされました。Ubuntu18.04LTSベースなので、長期サポートが期待されます。(Webサイト上でも2023年までサポートって書いてあります)

    で、いつものMATE版を以前組んだAthlon5350マシン(メモリ8GB+SSD64GB)に入れてみます。このマシンはこれまでは32bit版を入れていたのですが、さすがに今回は64bit版をインストールします。

    インストールはUSBイメージライタでISOイメージをUSBメモリに書き込んで、そこから起動します。割と短時間で終了します。

    インストール完了後、再起動して、アップデートマネージャでアップデートを適用します。その後、言語設定で「言語のサポート」から一番下にある日本語を選んで、「言語パッケージのインストール」を行います。次に入力方法で言語サポートの中から日本語を選んで「インストール」を行います。入力方法はデフォルトのfcitxのままにしました。(fcitxだとメニューの中に簡体中国語の表示のままのツール〔fcitx-qimpanel-configtool〕が出てくるので、ちょっと嫌なところはあるのですが・・)

    基本的にはこれでおしまいなのですが、途中でSystem Snapshotを設定しろと煩かった(まあ、無視してもいいんですが)ので、試しにやってみます。System Snapshotを起動すると、スナップショットのタイプとしてRSYNCとBTRFSを選択するよう表示されます。デフォルトの選択はBTRFSの方になっているのですが、よくみると、インストール時点でBTRFSパーティションでないとダメと書いてありましたので、RSYNCの方にしてみます。(BTRFSだとファイルシステム自体の機能により瞬時にスナップショットが取れて、瞬時に戻せるようです)スケジュールは毎週(Weekly)にしてみました。初期状態だと、スナップショットがないので、初回だけCreateを押して、スナップショットを取ってみることにしました・・・・が、途中でクラッシュしてしまいました・・・。ということでヤメヤメ^^;

    ・・・で、このPCはいろいろ調査(主にWeb上)する際に使っています。以前はLinuxMint17とかLinuxMint18(非力なのでいずれもMATE版)を使っていたのですが、メモリコントローラがシングルチャネルのせいなのか64bit版では重くて、32bit版を入れていました。今回はさすがに64bit版にしたのですが、以前ほど重い感じはなく、ずいぶんと軽快になった印象です。理由はよくわかりませんが、体が慣れたのか、ブラウザが軽くなっているのか、Xサーバーが改善されているのかそれともウインドウデザインがシンプルになっているからなのか・・・?

    まあ、主にWebで使うだけとしては十分なパフォーマンスになったように思います。