インテルベースのシングルボードコンピュータ

たまたま見かけたのですが、「Raspberry Pi 3に対抗する(?)」インテルベースのシングルボードコンピュータがいくつか出てきているようです。

最初にみかけたのが LattePanda です。最初にみつけたYouTubeの動画などによると、

  • IntelのQuad CoreのCPU(Cherry Trail 1.8GHz)
  • ストレージは32GBのeMMC
  • RAMは2GBと4GBの2種類
  • RAMが2GBのモデルにはWindows10付きのものもある
  • USB3.0×1、USB2.0×2、WiFi + Bluetooth4.0、HDMI、100Mbps Ethernet、MicroSDスロット
  • Arduino対応のGPIO、Cheery TrailのGPIO
  • 電源は5V 2A

と仕様のようです。で、メモリ2GBのOSなしが$79、メモリ2GBのWindows10モデルが$109、メモリ4GBのOSなし?が$139のようです。ディストリビュータはDFRobotのようなのですが、LattePandaのWebサイトからAmazon Japanのページに飛んでくると、4GB版が19,999円になっています。で、この4GB版の商品説明が微妙で、

2016-11-24

で、なんのこっちゃ?なのですが、要はWindows10はインストールされているのだけど、ライセンスキーは付属しない、ということのようです。騙されて(?)買っちゃった人のレビューが載ってます。$109でOS有りだと、まあ面白いかも、なのですが、いくら4GBといえども、2万円でOS無しだとあまり買う意味無いですね・・・。また、Raspberry Pi 3との比較ビデオもあって、これを見ると、Intelプロセッサだけどあまり速くない。というか、Raspberry Pi 3が思ったよりも速いというか、やっぱWindows10重いというか、そんな感じでしょうか。

次に見かけたのがUDOO X86です。こちらはKICK STARTERでキャンペーンやってた(?)みたいです(やってるけど日本からは注文不可?)。公式Webの内容とKICK STARTERの内容で差があるのですが、公式Webの記載によると、

  • Intel の Quad Core CPU(Braswell で最大2.56GHzまでのモデルがある?)
  • メモリはDDR3L で 2GB/4GB/8GB
  • HDMIとDP×2(4K画像が3画面出せるような記述あり)
  • eMMC最大32GB(Webサイトでは安価なモデルはeMMCなし、KICKSTARTERでは8GB)
  • SATAコネクタ、M.2 SSDスロット、MicroSDスロット(KICKSTARTERではMicroSDからブートできるような記載もあります)
  • USB3.0×3ポート
  • Gigabit Ether
  • ArduinoコンパチのI/Oポート
  • その他

ということみたいです。KICKSTARTERでは

  • 2GHzのCPU、RAM2GB、eMMC8GBのものが$89(売り切れ)
  • 2.24GHzのCPU、RAM4GB、eMMC8GBのものが$109
  • その他

のようで、Webサイトで受け付けているPREORDERでは、

  • Atom X5-E8000 2GHz、RAM2GB、eMMCなし、ACアダプタ付きで$125
  • Celeron N3160 2.24GHz、RAM4GB Dual Channel、eMMCなし、ACアダプタ付きで$149
  • Celeron N3160 2.24GHz、RAM4GB Dual Channel、eMMC 32GB、ACアダプタ付きで$165
  • Pentium N3710 2.56GHz、RAM8GB Dual Channel、eMMC 32GB、ACアダプタ付きで$259

となっています。まあ、小さいPCとしてみると魅力的に見えないこともないのですが、送料とか関税(かかるのかな?)とか考えるとイマイチ感もありますね。

IdeaPas S10-2にWindows8を入れてみた(おまけ)

その他、IdeaPad S10-2を入れた後でやったことは以下の通りです。

アンチウイルスソフトの導入

いつものようにカスペルスキーインターネットセキュリティをインストール。WindowsXP時代からそうですが、パターンファイルの更新が遅いのが不満なところ。

Google Chromeの導入

Webブラウザは Google Chrome をいつものように導入

古いWindowsファイルの削除

Windowsキー + X を押して、コントロールパネルを起動。「システムとセキュリティ」→「管理ツール」→「ディスク クリーンアップ」を実行。
新しく開いたウインドウの「システムファイルのクリーンアップ」を押す。
しばらくまつと「以前のWindowsのインストール」と「一時Windowsインストールファイル」がチェックできるようになるので、チェックして「OK」を押す。
これで16GBくらい空き領域が増えました。

ディスクデフラグの実行

Windowsキー + X を押して、コントロールパネルを起動。「システムとセキュリティ」→「管理ツール」→「ドライブのデフラグと最適化」を実行。
Cドライブが選択済みの状態なので「最適化」を押すと、Trimコマンドが発行されるようです。(表示にも○○%トリム済みと表示されます)

タッチパッドドライバのインストール

やはりブラウザを使っていると縦スクロールは避けられないのだけど、タッチパッドのバーチャルスクロールが動作せずストレスが非常に溜まる。LenovoのページにあるWindows7用のドライバではスクロールが動作しなかった。
アンインストールしてSynaptics社のページのドライバを入れてみました。設定をイジらないとだめですが、それなりに使えています。ただ、時々反応が悪くなります。LinuxMintではしっかり動くのに何でダメなんでしょうね・・・。

IdeaPad S10-2にWindows8を入れてみた

NM70I-847に入れてみたWindows8が思いのほか良さそうだったので、WindowsXPとLinuxMint13のデュアルブートにしていたIdeaPad S10-2にWindows8を入れてみました。

元々、このPCはHDDからSSDに換装してあったのですが、WindowsXPではSSDに対応していないためかシャットダウンが非常に遅くてイライラさせられていました。(半面、LinuxMintはサクサクだった)
これは自分の推測では以下の要因で起きているのではないかと思っていました。

  • WindowsXPはSSDに対応していないので暇な時に空きセクタを消去するコマンド(Trimコマンド)を発行せず放置している
  • WindowsXPの終了時には未書込みのデータをたくさん書き出さないといけない
  • ・・・となると、WindowsXPの終了時には空きセクタの消去と書込みをしなければならない。
    (事前に空きセクタを消去してあれば、書込みだけで済む。フラッシュメモリの消去には非常に時間がかかるので、事前に消去しておけるのであればパフォーマンス上の利点は非常に大きいはず。)

で、画面が狭くてもレジストリ書き変えでなんとか使用可能なようですので、3300円の格安アップグレードができるうちにSSDにしっかり対応しているWindows8 Proにアップグレードしてみることにしました。

“IdeaPad S10-2にWindows8を入れてみた” の続きを読む

Atom230を復活させました

余っていたGA-GC230Dマザーを自宅サーバの実験用に復活させました。

Mini-ITXのケースは大きさの割に高かったり、レイアウトが苦しかったりいろいろあるのですが、Amazonで見つけたJX-FX100Bというケースは大きさも手頃で、150Wの電源付きで価格も4880円と安く、しかも(当たり前ですが)Amazonで配達してくれます。

なので、ポチッとしてしまいました。

Amazon.co.jpから画像を借りました

5000円程度のケースの割に、見た目はまあまあです。側面および上面のカバーはよくある塗装ではなく、ヘアライン加工風のシートが貼ってあるようで、振動抑制に効いているのかもしれません。写真に写っているフロントのCDドライブベイはフタではなく、中にCDドライブを設置してイジェクトすると、手前に開くタイプです。つまり、CDドライブを設置した状態で上記の写真の状態になります。

で、早速余っていたGA-GC230D、2GBのDDR2-800のDIMM、320GBのSATA-HDD、4倍速のDVD-RW(RAMじゃないのが使いにくい・・)を組み込みました。中のスペースはMini-ITXにしては余裕があり、取り回しは楽な方です。背面にはフルハイト(=LowProfileではない)のスロットが一つあるので、何かのカードを増設することも可能ですが、電源ケーブルの長さなどから言ってちょっと苦しかったです。5インチベイを使わなければ、5インチベイにHDDを取り付けて、スペースを空ける手もありそうです。

で、組み立て完了して電源投入しますが、背面のファンが8センチということもあって、かなり静かです。これなら24時間運転してもあまりうるさく感じることはなさそうです。また、5インチベイと3.5インチシャドウベイにそれぞれHDDを入れて、ミラーリングやストライピングに使ってみる、という手もありそうです。安価な5000円のMini-ITXケースですが、値段の割にはお勧めです。

Atomマシン復活

Mini-ITX版のZ68マザーボードでCore-i3な雑用マシンを組んだおかげで、Atom230なマザーボード(GA-GC230)が余ってしまいました。ケースがない(ケースの電源が逝ってしまっている)ので捨てようかと思っていたのですが、逝ってしまったと思われた電源は12VのACアダプタ入力でATX電源出力の変換基板なので、ケース内で丸見えです。直接AC100Vを扱う部分だと考えもしないことですが、低圧電源なので電解コンデンサを交換すれば直るのではないかと考えました。

で、基板を取り出してじっくり見てみたのですが、特に膨らんだりして劣化している様子もありません。しかたがないので電解コンデンサ全交換を覚悟して電解コンデンサの仕様を一通りメモした上で、一旦元に戻してみました。ただ、外した際に12Vの入り口のコネクタの接触面が黒くなっているのが気になったので、何度か差し直して接触性を改善してやった上で、余っているHDDを取り付けてUbuntu10.04LTSのインストーラをUSB-CDROM経由で起動すると・・・・特に問題なくインストーラも動いてインストールできてしまいました。(ただし、HDDは壊れていて、カッコンカッコン言ってインストールできませんでしたので、再度別のHDDに交換しました)
以前はちょっと負荷が重くなるとすぐにリセットがかかっていたのでUSB機器はセルフパワーのHUBを経由していたのですが、今回は直接外付けのUSB-CDROMとUSB-HDDを接続してもまったく平然と動いています。

スペックは以下の通り(笑)

  • マザーボード GIGABYTE GA-GC230(CPUオンボード)
  • メモリ DDR2-800 1GB
  • HDD 2.5inch IDE 12GB 4200rpm
  • 光学ドライブ なし
  • OS Ubuntu 10.04LTS (32bit)

ひたすら余り物の寄せ集めですが、こいつをしばらくは自宅のLinux実験サーバにしてみたいと思います。

Ubuntu + Chromeブラウザは快適

最初にUbuntuをいれたAtom230マシンですが、当初はブラウザにFirefoxを使っていました。
しかし、タブを複数開くとメモリが不足するのか、しばらく反応がなくなることが少なくありません。
そもそも、非力なCPU+1GBでシングルチャネルしか搭載できないDDR2-533MHz動作(4.3GB/s)のメインメモリ+メインメモリをシェアする内蔵VGA(しかもフルHD表示させてるので、表示だけで0.5GB/s)なので仕方がないか、と諦めてCore2QuadのWindowsメインマシンでWebブラウジングしていました。

しかし、Core2Quad+WindowsXP+FirefoxでもBloggerの編集画面(フォーム画面)ではカーソルの移動が何かおかしくて書き込みにくい(改行が即時反映されないなど)ので、試しにChromeブラウザを入れて見みました。

まず驚いたのは(Googleも宣伝していますが)その高速性です。サクサク感がたまりません。また、非常に安定しています。

これならば、ということで、Ubuntuにも入れてみることに。
大抵のLinuxアプリケーションは非常に入れにくかったり、そもそも入らなかったり、ということが少なくないのですが、Ubuntuに入れる分には、

  1. Firefoxでこっちのページからダウンロードする。Ubuntu対応されていることも記載されてます。
  2. Firefoxダウンロードしたパッケージをダブルクリックするとパッケージマネージャが開きます。
  3. 表示にしたがってインストール(特に何もすることはないですが・・・)
  4. ちょっと完了の表示がわかりにくい(といっても、パッケージマネージャの課題で、アプリ側にはどうしようもないでしょう)けど、インストール完了
  5. 「アプリケーション」→「インターネット」→「Google Chrome」で起動

でおしまい。「アプリケーション」→「インターネット」→「Google Chrome」で右クリックして「このランチャをデスクトップに追加」とすると、さらに起動が楽になります。

さて、Ubuntu+Chromeですが、非常に快適です。非力でメモリの少ないAtom+Ubuntuでたくさんタブを開いてもまったく問題ありません。このAtomマシンはACアダプタで駆動していて、静音化のためにCPUのFANもなく、ケースFANが1個だけ。HDDも回転・アクセス音がうるさいのが嫌なのであえて2.5インチにしてあります。おかげで静かな環境でWebブラウジングができるようになりました。

Ubuntuその後6(ファイル共有編2)

こんどは、Windows側でマウントしているファイルサーバ(NAS)上の領域をmountしてみることにします。目的は、ファイルサーバ上の写真をLinux側で見えるようにしたい、ということにあります。
調べると、
http://itmst.blog71.fc2.com/blog-entry-99.html
に記載されている内容が参考になりそうなので、これに沿ってやってみることにします。

(1)smbfsのインストール

(2)コマンドラインからのマウントテスト
looxというホスト名(まんまですが、古いLOOX上のdebianサーバ)上のphotoという共有ディレクトリを/mnt/smb/photo@loox というディレクトリにマウントする

でマウントすることができた。これでファイルブラウザで写真をサムネイルでみることができるようになった。

(3) /etc/fstabに以下の内容を追記して、起動時に自動でマウントするよう設定します。

ファイルに追記後に再起動して、マウントできることを確認しました。

その後、ファイルブラウザで写真がみえるようになりました!(パチパチ)

Ubuntuその後5(ファイル共有編)

AVRの開発環境が整いつつあるのだが、従来のWindows環境でのプログラムを持ってきたくなってしまった。自宅では、古いノートPC上のDebianで動いているファイル共有と玄箱Proで動いているファイル共有があるのだが、今回はUbuntuのディスクを見せることにした。
Nautilus(ファイルブラウザ)でホームディレクトリを開くと、「公開」というフォルダがある。これを右クリックすると「共有のプロパティ」というメニューがあるので、これを選択して共有内容設定すると「共有のためのプログラムが入っていない」みたいなメッセージが表示され、インストールするかを聞いてきた。そこで、インストールを選択するとsambaをインストールしたようだ。
それでもWindowsからは見えないが、どうもWorkgroupが合っていないために見えないようである。
Ubuntuのことなので、どこかに設定メニューはないかと探したが、なさそうなので、/etc/samba/smb.conf を直接編集し、WORKGROUPの項目にローカルネットワークのワークグループ名を設定し、

としたところ、無事に見えるようになった。
ここにWindowsからのファイルを置いて、ソースを持ってくることにする。

Ubuntuその後3(VMware Server Consoleのキーマップ)

VMware Server Console を使っていると、カーソルキーが正常に動作しないことに気がついた。カーソル上キーでスクリーンショットになったりする。早速 Google さんに聞いてみると、
http://dogmap.jp/2009/01/05/ubuntu-810-vmware-player/
のページに解決方法が書いてあった。ただし、ここのページに書いてあるのは VMware Player 用で、VMware Server Consoleの場合には少しだけ違う。(といっても、ファイルの置き場所が違うだけだけど)
/etc/vmware-server-console の下の config ファイルに以下の内容を書き足して、VMware Server Console を再起動すると正常に操作できるようになった。