Arduino MKR VIDOR 4000を入手

FPGAが載っているArduinoがあるのをTwitterで知って、ついポチってしまいました。アメリカからドイツ経由で2週間強、ようやく届きました。

届いたら、箱がやや潰れてました(泣)。中身は帯電防止袋なしで、帯電防止スポンジに刺さった状態のArduino MKR VIDOR 4000がゴロッと入ってました。幸い、外観上の異常はなさそうです。

で、使い方を調べていたら、HDMIケーブルはMini HDMIじゃなくて、Micro HDMIが必要なことが判明。早速アマゾンでポチりました。

搭載しているチップは、

  • CPU Atmel ATSAMD21
  • FPGA Intel Cyclone10 10CL016YU256C8G
  • DRAM Alliance Memory AS4C4M16SA-7BCN
  • FLASH Winbond 25Q16DVN1G

のようです。CycloneがALTERAのロゴでなくなっているのは時代を感じさせられるのと、Allianceのメモリは昔痛い目にあったので大丈夫なのか不安です(笑)。

しかし、もうチップの刻印が見えない見えない(涙)。ルーペで必死に見ました。

このルーペは40年ほど前に父がドイツに出張した際に買ってきてくれたお土産です。残念ながら、自分が小さい頃だったので、こんなものに頼らなくても小さな文字までバッチリ見えたので扱いを雑にしていたため、レンズの中央部分に細かい傷がたくさんできていて、かなり見辛くなってしまっています。

レンズをよく見ると、ESCHENBACH W-GERMANY という刻印が見えます。W-GERMANYは西ドイツ製ということだと思います。(当時はまだ西ドイツと東ドイツに分かれていて、ベルリンの壁もあった時代です)

で、ESCHENBACHって何かと調べたら、メーカーの名前(ブランド)のようで、実は同じ(に見える)モデルが今では国内でも買えるようです。

ESP32搭載可能なFPGAボード

Hack a dayを見ていたら、新しいFPGAボードの記事が出ていました。搭載しているFPGAがLatticeというのがちょっと好みがわかれそうな気がしないでもないです。このボードの仕様一覧をみていて気づいたのですが、仕様をざっと並べると

  • FPGAは Lattice ECP5 LFE5U-85F-6BG381Cで、84KのLUTと3.7Mbitのメモリを内蔵
  • JTAG I/F用のFT231XSを搭載
  • 32MBのSDRAMを搭載(DDR2とかじゃないので、設計が楽なはず^^;)
  • コンフィグ用を兼ねた4-16MBのフラッシュ(まだ容量確定してないのかな?)
  • MicroSDスロット搭載
  • LED11個、ボタン7個、4極3.5mmジャック
  • 0.96インチのカラーOLEDディスプレイが取付可能
  • ESP-32取付可能(WiFi越しに独立してJTAGをWebで操作可能っぽい!)
  • 無線用アンテナ(27,88−108,144,433MHz)搭載
    (88-108MHzはFMラジオ受信用、他は無線リモコンの受信用ですかね。後者は日本では使えないと思いますが)
  • ADC搭載

ということで、ケーブルレスでFPGAのコンフィグができそうです。JTAGつなぐのめんどくさいのでケーブルレスで行けるのなら面白そうです。ただ、価格帯は$60〜$200ということみたいなので、具体的に何かネタ(と時間と気力)がないとちょっと手が出ないかも。

MAX10評価ボードが欲しくなった

たまたまネットを彷徨っていたらMOUSERでMAX10の評価ボードを見かけました。

A/Dコンバータを内蔵していて、Arduinoのシールドが搭載可能。ロジック規模は8000LEのものを搭載しているようなので、NiosIIプロセッサも余裕で入るでしょう。(評価ボードの詳細はここに記載があります)

NiosIIはgccでサポートされていますから、『NiosII版Arduino類似IDE』+『高速処理が必要なところはFPGA内にハードウェアマクロで記述』+『もちろんA/Dは使用可能』という環境が登場するかもしれません。(本家ArduinoにもないD/AもPWMではなくデルタシグマDAを実装すれば実現できてしまいますし、回路規模さえ入れば必要なだけ入れられますからねぇ・・)

・・・おもわずポチりそうになりましたが、ALTERAの開発ツールのページを見ると、他にもいくつか安価な評価キットがあるようなのでしばらく様子見することにします。(その前に、DE0を使いこなせよ、という話が・・)

それにしても、ある程度の規模までの用途であればFPGA1個に全てが入っていってしまう感じですね。かつての電卓戦争を思い出します。こうして少しずつハードウェアとソフトウェアの境界がなくなっていくのでしょう。

<追伸>
FPGA上にArduinoに似た環境を作る試みはすでにXilinxのFPGAで行われているようです。こちらはAVR互換コアと32bitコアを96MHzで駆動するZPUinoという環境の2種類があるようです。

EPM570T100C5Nを動かしてみた

MAX7000Aはどうしようもないので、ITプラザへ行ってオプティマイズのMAX2 CPLDボードを買ってきました。

さくさくっと組み立てます。QFPがハンダ付け済みなので楽ちんです。

今回はブレッドボードとの組み合わせで使うので、ピンソケットを部品面に載せて、ブレッドボード上に置きます。

スイッチの入力に応じてLEDがチカチカするところまで行きました。

しかしながら、やはりCPLDは同期回路を動かしてなんぼです。

3.3Vで動くオシレータがなかったので、余っていたPIC12F675をコンフィギュレーションビットで「内部オシレータ・CLKOUTイネーブル」に設定して1MHzクロックを出力させるようにして接続し、CPLDのクロック入力としてLEDをチカチカさせました。

参考になるかわかりませんが、ソースを置いておきます。BLINKLED.vhd.zip
(端子の指定は別途行ってください)
F/Fのリセットもやってない(そもそもリセット信号を入れてない)とか、スイッチの入力を直接カウンタのイネーブルにつないでる(本来ならF/Fを2回通して同期化すべき)とかありますが、動作確認レベルなので端折っています。

DE0を注文してみた(3)

UPSの国内サービスの恨みつらみにビビリながら会社に行かざるをえなくなったのですが、昨日のうちにトラッキングのところにある「ステータス更新の依頼」に自分のメールアドレスを登録したうえで、ups.comドメインのメールを携帯メールに転送する設定をしておきました。

すると、10時過ぎに宅配BOXに配達した旨、メールが届きました!

宅配BOXには何も指示しなくても届けてくれるのですね!!

というわけで、帰りに宅配BOXからピックアップしました。

アメリカから届いたのに、大きな箱の損傷もなく、綺麗です。(どんだけ先入観もってるんだか・・・)

早速開けてみると、大量の緩衝材の中からインボイスとともにでてきました!

開けてみると・・・

ということで、無事にDE0とご対面ができました!!

<教訓>
宅配BOXがあればUPSは怖くないっ!

DE0を注文してみた(2)

UPSで送られてくる途中のDE0。早くも日本に着いたようです。

最初の「12/08/2011 8:05 P.M.」というのは日本時間で12月9日の午前11時05分なので、24時間かからずに成田に着いていることになります。で、このImport Scanってのは保税区域に到着したついたということか、それとも、さらに通関が終わったということでしょうか。どちらでしょうかねぇ・・・。

で、画面の少し上を見ると・・・・。

ということで、配送予定が12日月曜日中、ということだそうです。orz

画面内に配送スケジュールの変更やサインレスでの受け取り指示(宅配ボックスに置けると嬉しい)もありますが、追加料金が発生するようです。多少の追加料金なら、と思ったのですが、発送者の担当者名(メールで来たInvoiceには書いてない・・・)や、荷物の詳細な荷姿などが必要で残念ながら入力できません。

ということは、週末(土日)に受け取るためには木曜日配送予定にならなければならないということになりますので、火曜日中に注文しなければならない、ということですね・・・。

さらに調べると、どうもUPSが自力で配達して回る予感で、検索すると恨みつらみがたくさん見つかります(^^;。

参考になりそうなのが、UPSの再配達攻略法というこちらの記事。こんなんだったら初めから全部ヤマト運輸に配送委託してくれればいいのに、とか思いながら、色々調べてたら、「UPS日本」で検索すると、UPSの日本支社?のサイトから日本でトラッキングができることが分かりました。

が、こちらの画面の「配達の変更」は「UPS InfoNoticeナンバー」というのが必要なようです。(不在票の番号?)

ううむ・・・・。日本に入ってくるまではすごく早いけど、この先が不安ですねぇ・・・。

DE0を注文してみた(1)

USB-IOを動かしてみたのは、昔のDesignWaveに付いていたALTERAのFPGAボードを動かすためにUSB-Blasterもどきを作ってみよう、という動機でした。

・・・が、面倒くさくなって、Terasic社のDE0をDigikeyで注文してしまいました。

木曜日(12月8日)の夜中に注文したのですが、配送のUPSのトラッキングによると、

となっていて、アンカレジの9日午前9時は日本時間の10日午前3時で、この時点でアンカレジを出発しています。他の方のトラッキングデータを参考にすると、10日(土曜日)の午前中には成田に着いてしまいそうな勢いです。だとすると11日の日曜日には届いちゃうのかな?、と思ったのですが・・・。よく考えたら、

週末って通関やってないのでは?

ということで、調べてみました。これを見ると、成田の税関はほとんどの業務は24時間やってそうな感じです。しかし、仕事で海外から貨物を輸入して急ぎの場合に週末に通関させようとすると、社内の担当部署から「追加費用を払って臨時開庁をお願いするしかないですね」と言われます。調べてみると、昼間と夜間休日で通関の窓口が違うみたいなので、そのことなのでしょう。(追加費用って誰に払ってるんだろうか。税関に払ってるのかと思ってたけど、通関業者のような気がしてきました。今度聞いてみることにします。)

で、UPSの国際宅配便が週末に通関できるかどうかは・・・あと1日もしたらどうなるかわかると思います・・・。