趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。※サイト移転しました(tomono.eleho.net ⇒ tomono.tokyo)
RSS icon
  • 普通にはadbで認識できないAndroid機を認識させる

    投稿日 2016年 9月 10日 コメントはありません

    通常のAndroid機は /etc/udev/rules-d/51-android.rules にベンダIDを追加してやるとadbで操作できるようになるのですが、coviaのFLEAZ F4s/F4s+は認識することができません。いろいろ試してみたところ、わかってきたことをメモしておきます。環境は LinuxMint18 MATE edition 64bit です。

    まずはUSBのデバイスIDを調べます。(必要なもの以外は結果から削除しています)

    BroadcomのチップのベンダIDそのままのようです。(これはF4sのもの。F4s+はデバイスIDはe681になるようです)
    とりあえず、/etc/udev/rules-d/51-android.rules にベンダIDを記載して再読み込みさせてみます。

    この状態で、USBを抜き差ししてから adb コマンドを叩いてみても、

    となって、デバイスが見つかりません。
    いろいろググると、~/.android/adb_usb.ini にベンダIDを書くとよい、というような記載をいくつか見つけたので試してみます。

    状況が変わりました。この状態で TCP/IP 接続でデバッグする設定にしてみます。

    パーミッションで蹴られてしまいました。ルート権限で試してみます。

    端末上にデバッグ接続可否のダイアログが出ていたので、許可してみます。

    となって無事にインストールできました。

    改めて /etc/udev/rules-d/51-android.rules を削除してやってみました。
    どうも、/etc/udev/rules-d/51-android.rules は必要ないようです。
    一般ユーザー権限では、

    となってパーミッションエラーになりますが、通常の Android機はルート権限で adb server を起動すると認識できるようです。

    さらに、今回の covia FLEAZ F4s/F4s+ のようになにもしないと認識しない機種でも、 ~/.android/adb_usb.ini にベンダIDを書いてやれば認識できるようです。

    ここで F4s+ を外して F4s を接続してみます。

    となり、無事に認識しました。