Arduino MKR VIDOR 4000を入手

FPGAが載っているArduinoがあるのをTwitterで知って、ついポチってしまいました。アメリカからドイツ経由で2週間強、ようやく届きました。

届いたら、箱がやや潰れてました(泣)。中身は帯電防止袋なしで、帯電防止スポンジに刺さった状態のArduino MKR VIDOR 4000がゴロッと入ってました。幸い、外観上の異常はなさそうです。

で、使い方を調べていたら、HDMIケーブルはMini HDMIじゃなくて、Micro HDMIが必要なことが判明。早速アマゾンでポチりました。

搭載しているチップは、

  • CPU Atmel ATSAMD21
  • FPGA Intel Cyclone10 10CL016YU256C8G
  • DRAM Alliance Memory AS4C4M16SA-7BCN
  • FLASH Winbond 25Q16DVN1G

のようです。CycloneがALTERAのロゴでなくなっているのは時代を感じさせられるのと、Allianceのメモリは昔痛い目にあったので大丈夫なのか不安です(笑)。

しかし、もうチップの刻印が見えない見えない(涙)。ルーペで必死に見ました。

このルーペは40年ほど前に父がドイツに出張した際に買ってきてくれたお土産です。残念ながら、自分が小さい頃だったので、こんなものに頼らなくても小さな文字までバッチリ見えたので扱いを雑にしていたため、レンズの中央部分に細かい傷がたくさんできていて、かなり見辛くなってしまっています。

レンズをよく見ると、ESCHENBACH W-GERMANY という刻印が見えます。W-GERMANYは西ドイツ製ということだと思います。(当時はまだ西ドイツと東ドイツに分かれていて、ベルリンの壁もあった時代です)

で、ESCHENBACHって何かと調べたら、メーカーの名前(ブランド)のようで、実は同じ(に見える)モデルが今では国内でも買えるようです。

DarkStarを動かしてみた

歴史遺産ともいえる、Xerox Starのエミュレータがgithubでリリースされたようです。エミュレータ自体はこちらで、ドキュメントはこちらで参照できます。

LinuxMint19上で実際に動かすには、まずこちらに従って mono をインストールします。

次に、必要なライブラリをインストールします。

ダウンロードしたエミュレータを展開します。

エミュレータを起動します。

しばらくすると、上の方にメニューバーと下の方にステータスバーのついたエミュレータウインドウが開きました。
この状態だと、ハードディスクイメージがないので、ハードディスクイメージを取ってきて展開します。

ダウンロードしたハードディスクイメージをセットします。
「System」⇒「Hard Disk」⇒「load」でイメージを指定します。今回は、ViewPoint-2.0-11-9-1990-18-38.imgを指定してみました。
その後、「System」⇒「Start」で起動するのですが、セルフテストの画面をたくさん表示した後、フリーズしてしまうようです。
「System」⇒「Alternate Boot」で「Rigid」を選んでおくと、セルフテストをスキップして起動するようです。しばらくすると、

ダイムゾーンの設定画面になりました。ここでは -9 を入れてみます。
・・・・が、キーマップがおかしいようです。数字だとキーが一つずれている感じです。

一旦停止させて、ディスクイメージを XDE-5.0.imgに切り替えて、再起動してみました。しばらくしたら、

2値ビットマップのウインドウ表示がされました。渋いです(笑)

WordPressのテーマ変更

これまで、このサイトのテーマは初めてWordPressを使った際に選んだテーマをPHPのバージョンアップに伴う不具合とかを手直ししつつ使ってきたのですが、さすがに今の世の中、スマホやタブレットでサイトを見る機会が増えてきていて、レスポンシブデザインへの対応をしたいなー、と思うようになりました。

しかし、元のデザインを自力でレスポンシブデザイン対応させるようなスキルもないので、ついにテーマ変更することにしました。で、新しいテーマはできるだけ長くサポートされるであろう、標準のテーマのうち、レスポンシブデザインに対応しているもの・・・ということで、TwentySeventeenにしました・・・が、TwentySeventeenはそのままだとアクセスするとどどーんと画像が表示されてしまうので、こちらのサイトを参考に控えめに表示されるようにしました。

変更箇所は、テーマの中のfunctions.phpの最後に、以下の記述を追加して UTF-8 で保存しました。もう少しデザインはカスタマイズすると思いますが、とりあえずレスポンシブデザインになったのでよしとします。

・・・が、何も考えずにテーマ自体のfunctions.phpを編集してしまうと、テーマがバージョンアップしたときに元に戻ってしまうようです。なので、子テーマを作って、そちらの funcions.php を編集しました。

子テーマは、サーバ上のテーマディレクトリと同じ階層に子テーマのディレクトリ(twentyseventeen-child)を作って、そこに必要なファイルを置きます。

一つは、functions.php で、以下の内容です。実際には、上記の内容も後ろに書き足して、UTF-8で保存しました。

もう一つは、style.css で、以下の内容です。

ここに、こちらのサイトの記事の内容そのまま(ありがとうございます!)ですが、

を後ろに書き足して元のテーマでは狭くて読みにくい記事の幅を広げてみました。

さらに、記事の見出しと記事内の見出しがともにh3で同じサイズで表示されてして醜いところがありましたので、あちこち参考にさせてもらいながら、style.css に

を追加して記事のタイトルに装飾をつけてみました。

今しばらくはデザインがいろいろ変わるかもしれませんが、ご容赦を(笑)

結局もう1台のG530もアップグレードしました

かなり快適になったCeleron G530マシン1号機(今はCore i3-3220T)ですが、ソフマップにふと立ち寄ったところ、Core i5-3570Kが結構安価(8,000円弱)で目に入ってしまいました。

・・・で、SSDも160GBが4,000円弱で手に入ってしまったので、つい2号機もアップグレードしてしまいました。ケースもマザーもメモリも1号機と同じ構成なので、あっさりアップグレード完了。2号機はWindowsは入っておらずLinux専用機なので、Core i5-3570Kは1号機に入れようかと思いましたが、面倒くさいのでやめました。(そのうち気が向いたら入れ替えるかもしれません)

こちらもDVD-Rは取っ払って、アイネックスの5インチベイ用 SSD/HDD変換マウンタ HDM-32にSSDを取り付け。もう1台の2.5インチベイのスペースには余っていた500GBのHDDを取り付けました。

LinuxMint 19を入れてみたところ・・・超快適です。メインマシンにしてしまうかもしれません(笑)。

shredでHDDの消去

しばらく前からHDDをSSDに換装する作業をしていたので、HDDがあまり気味になってきました。処分するにも中身を確実に消さなければなりません。

以前は、

とかを何度か繰り返して乱数を書き込んでいたのですが、乱数書き込みは非常に時間かかり、数日で1台がやっとでした。今回、少し調べると、shred というツールで高速に乱数書き込みができるらしいことがわかりました。

とすると、3回乱数を書き込んだ後、ゼロを書き込んでくれるそうです。しかも乱数書き込みは高速に行われるので、短時間で(といっても、1TBで半日くらいかかりそうですが・・・)処理が完了します。

今回はマザーボードのeSATAポートに裸族のお立ち台eSATAプラスを介してHDDを取り付けて処理をしています。(現在進行系)

アップグレードしたPCのその後

先月アップグレードしたCeleron G530マシンですが、交換後は2core/2threadから2core/4threadになったので意外に速くなりました。

このPCはもともと実験くんPCだったので、WindowsXP(Windows7だったかも?)からWindows8アップグレード(確か安価なキャンペーンをやっていた)を経てWindows10にアップグレードしたPCです。で、CPUアップグレードのついでに、500GBのHDDから余っていたSSD256GBに移行したところ、かなり快適になってしまいました。

・・・が、このPCはeSATA接続の外付けHDDとのデュアルブートでLinuxの実験マシンとしても使用していたのですが、CPUアップグレードに伴ってBIOSをアップデートしたら、増設のeSATAカードを認識しなくなってしまいました。このPCのケースはMini-ITXの小型のケースで5インチベイと3.5インチ内蔵ベイが一つずつしかなく、仕方ないので5インチベイのDVD-Rドライブを撤去して、そこに3.5インチのHDDを転がしていました。起動ドライブの選択自体は、BIOSでSATAをポートごとに有効無効が選択できるのでなんとかなりましたが。

そんな状態で、ふと秋葉原を歩いていたところ、KingFastというベンダーの120GBのSSDが3000円台前半で売っていました。(なんか、最近SSDが激安になってますね・・)
Linuxの実験用としては120GBもあれば十分ですし、HDDに比べれば大抵のSSDは高速なのでつい買ってきてしまいました。ついでに、アイネックスの5インチベイ用 SSD/HDD変換マウンタ HDM-32を買ってきて2台のSSDを内蔵化しました。
CPUクーラーに近いところにある3.5インチベイが空いたおかげで、冷却も良くなったんじゃないかと思いますし、外付けのHDDも不要になったのでスッキリしました。

かなり古いPCですが、まだまだ十分戦えそうですw。実際、消費電力効率とかハードウェアコーデックとかはダメダメですが、CPUの性能自体はJumperに使われているCeleron N3450よりも速かったりするんですよね。(用途がそもそも違いますが)

まさかのARM買収

ニュースを見ていたら、驚きの記事が出てました。

ソフトバンクがARMを3兆3千億円(240億ポンド)で買収だそうです。
なんか色々売って現金の調達に走ってるな〜、今度は何に投資するのかな〜?とか思ってはいたのですが、ARMとはびっくりです。

秋月の新商品がおかしい・・・

今日発見した秋月電子の新商品・・・

Screenshot-2

どういう経緯で彼岸花の球根を電子パーツショップが扱うようになったのだろう・・・・?

Screenshot-3

「植物ですので大きさや色味はバラツキがあります」・・・・って、そりゃそうだけど、何故秋月に球根??よりによって彼岸花!?

しかも在庫が「AAA」ってどんだけ在庫してるんだろう??

スマートフォン用タッチペン

とあるアプリケーションが指では操作しにくく困っていた時に、知り合いからタッチペンを借りたらなかなか良かったので購入してみようと思いました。

・・・が、電気屋さんで売っているタッチペンは1,500円〜4,000円くらいもするのでおいそれと手が出ません。そこでまず100円ショップのタッチペンを何本か購入して比較してみることにしました。

比較対象は以下の4点。

ダイソータッチペン4種

いずれもダイソーで売っているものです。左から順に、

  • 「タッチペンボールペン付」
    細めのベールペンの後ろ側がタッチペンになっているものです。パッと見のデザインはなかなかいい感じ。ボールペンは黒一色でボール径1ミリ。
  • 「導電繊維使用タッチペン&2色ボールペン」
    1つ目より一回り大きい外観に2色ボールペンが入っています。1つ目同様に後ろ側がタッチペンになっていて、ここに導電繊維を使っているので「なめらかなペン滑り」というのが売りのようです。ペン本体もパール調の塗装が施されていてなかなかです。
  • 「タッチ&ボールペン」
    これは先端部分がタッチペンになっているのですが、穴が開いていて、ノック式のボールペンがそこから出てきます。これだけはダイソーの完全なプライベートブランド商品ではなくプラチナ万年筆株式会社の社名がパッケージに入っています。
  • 「スマートフォンストラップタッチペン」
    イヤホンジャックに挿して持ち運べるタイプのタッチペンです。見るからにチャちいです。

タッチペンとしてのファーストインプレッションは、「導電繊維使用タッチペン&2色ボールペン」はタッチすると2点に認識されるケースがあるのか、かなりの頻度でズームしてしまいます。他の3点はタッチペンとしては基本的には使えそうです。もっとも、2台で試してみるとペン同士の差よりも2台での違いのほうが大きいかも?と感じます。もう少し使い込んでみて、感想を追加しようかと思います。また、外で手袋をした状態だとどうかというのも試してみたいと思います。

<追伸>

結局、使いやすさでは三番目の「タッチ&ボールペン」が一番かと思います。通常のボールペンと同じ持ち方でタッチできるのが意外にいい感じです。他のものは後端がタッチペンになっているので、結構違和感があります。さすがプラチナ万年筆株式会社の社名がパッケージに入っているだけのことはあるという感じでしょうか。