Mega644版Arduino(Sanguino)・・・ハードウェア編

無事にコンパイルできることが確認できた(といっても、Blinkだけですが)ので、ハードウェアを準備します。確認のターゲットはまずはサンプルプログラムBlinkです。なので、(Arduinoでの)デジタル13ピンにLEDを接続したものを点滅させるのが目標になります。

最終的に作ったハードウェアはこんな感じです。(途中の写真がないのですみません)

16MHzのクリスタルと22pFのコンデンサ2つ、Vcc/GND間のパスコン(チップセラミックコンデンサ1uF)を実装した小さな基板を作って、ブレッドボード上のATmega644Pのそばに取り付けました。さらに、リセット端子のプルアップ抵抗と電源供給の配線を行っています。画面左上の青いコンデンサは自動リセット用のDTR信号にかませる0.1uFのコンデンサです。右上の緑色の基板はホストとの通信用のAE-UM232Rで、上の写真ではすでに接続済みです。写真下にはちょっとだけLEDの頭が見えています。

  1. AVRISP mkII(他のものでもいいですが)の接続
    まず、購入状態のATmega644PではArduino(Sanguino)として動作しませんので、ブートローダを書き込んでやります。自分はAVRISP mkIIを使用しているので、ピン配置を確認しながらVcc/GND/MISO/MOSI/RESET/SCKの6pinを接続します。RESETにはプルアップが必須なので忘れないようにします。
  2. ブートローダの書き込み
    ターゲットのATmega644pに電源を供給し、 Arduinoから「Tools」→「Burn Bootloader」→「w/ AVRISP mkII」を選択して、ブートローダを書き込みます。
    書き込みには多少時間がかかりました。赤い文字のエラーメッセージが出ていないことを確認します、
  3. AE-UM232Rの接続
    TXD/RXDを接続し、さらに自動リセット用のDTRを0.1uFのコンデンサを経由して接続します。さらに動作確認用のLEDと抵抗を19pin(D13)に接続します。
  4. 書き込み&実行
    サンプル「Blink」をコンパイル&アップロードして実行します。

これで問題なく無事にLEDが点滅しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)