Atom230を復活させました

余っていたGA-GC230Dマザーを自宅サーバの実験用に復活させました。

Mini-ITXのケースは大きさの割に高かったり、レイアウトが苦しかったりいろいろあるのですが、Amazonで見つけたJX-FX100Bというケースは大きさも手頃で、150Wの電源付きで価格も4880円と安く、しかも(当たり前ですが)Amazonで配達してくれます。

なので、ポチッとしてしまいました。

Amazon.co.jpから画像を借りました

5000円程度のケースの割に、見た目はまあまあです。側面および上面のカバーはよくある塗装ではなく、ヘアライン加工風のシートが貼ってあるようで、振動抑制に効いているのかもしれません。写真に写っているフロントのCDドライブベイはフタではなく、中にCDドライブを設置してイジェクトすると、手前に開くタイプです。つまり、CDドライブを設置した状態で上記の写真の状態になります。

で、早速余っていたGA-GC230D、2GBのDDR2-800のDIMM、320GBのSATA-HDD、4倍速のDVD-RW(RAMじゃないのが使いにくい・・)を組み込みました。中のスペースはMini-ITXにしては余裕があり、取り回しは楽な方です。背面にはフルハイト(=LowProfileではない)のスロットが一つあるので、何かのカードを増設することも可能ですが、電源ケーブルの長さなどから言ってちょっと苦しかったです。5インチベイを使わなければ、5インチベイにHDDを取り付けて、スペースを空ける手もありそうです。

で、組み立て完了して電源投入しますが、背面のファンが8センチということもあって、かなり静かです。これなら24時間運転してもあまりうるさく感じることはなさそうです。また、5インチベイと3.5インチシャドウベイにそれぞれHDDを入れて、ミラーリングやストライピングに使ってみる、という手もありそうです。安価な5000円のMini-ITXケースですが、値段の割にはお勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)