代打を玄箱Proにやらせることにしました

Raspberry Piで環境データをつぶやけるようにしたのですが、Raspberry Piは他のことにも使いたいので、玄箱Proに代打をさせることにしました。

1.インストール

手順は変わりません。

$ sudo apt-get install python-setuptools
$ sudo easy_install tweepy
$ sudo apt-get install python-serial 
$ sudo easy_install pytz

で必要なものをインストールします。

2.ユーザーをdialoutグループに追加

玄箱Debianは普通のユーザーはdialoutグループには入っていませんでしたので、Webminを使ってユーザーをdialoutグループに追加しました。

3.screenコマンドで使うディレクトリのオーナー変更

なぜか玄箱Debianではscreenコマンドで使うディレクトリのオーナーが android.1000 になっていて、

$ screen
You are not the owner of /var/run/screen/S-username.

というエラーがでました。
そこで、

$ sudo chown username.admins /var/run/screen/S-username

としてファイルのオーナーを変更しました。

これで玄箱ProのDebianにRaspberry Piの代打をさせることができ、Raspberry Piを他のことに使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)