中華Androidパッド買ってみました

以前買った中華AndroidパッドをGoogleカレンダーの表示専用にして部屋に置いて使っていたのですが、突如ハングアップした後、文鎮化してしまいました。
AndroidパッドはNexus7(2012年版、3G)があるので、通常使う分にはそれでいいのですが、Googleカレンダー表示用に格安中華パッド(タブレット)を買ってみました。

今回は恵安のKPD702Rというモデルで、あきばおーにて税別5500円でした。主なスペックはこんな感じ。

  • CPU : ATM7021A Dual-core 1GHz
    Cortex-A9ファミリのデュアルコアらしいけど、今時としては速くない。
    もっとも、遅いのはCPUが原因ではないような気がする。
  • メモリ : 512MB
    やっぱり2バイト文字を扱うには少ないのではないかと。遅いのはメモリ不足が原因じゃないかな・・・?
  • ストレージ : 8GB
    ま、こんなもんでしょう。Nexus7と違ってMicroSDスロットもあるので、問題ないかと。あと、遅いのはストレージが遅いからじゃないかという気がします。なんとなく。
  • OS : Android4.2
    いわゆるもっさりバージョン?
  • ディスプレイ : 7インチ、800x480
    解像度が低いのは価格からすると仕方ないですね。色味も悪いです。
    保護シートを剥がした後のパネル表面も波打っています。樹脂製なんだろうか??
  • ネットワーク接続 : WiFiのみ
    3Gがないのはいいですが、Bluetoothがないのは痛いかも。最近はBluetoothテザリングの環境が整いつつあるので、WiFiよりもBluetoothで接続した方が電池の持ちを考えた場合にもいいんですよねぇ・・・。
  • 加速度センサ : あり
    ググると「突然画面が逆さになることがある」という記述をみかけますが、確かにその現象が起きます。感覚的には電源ボタンやカメラは上にくるものですが、これはこのタブレットはカメラがある方が下にくるのが設計上の正しい方向になっているのではないかと思います。そのために画面回転に対応していないアプリを使うと画面が逆さまになってしまうのです。電源ボタンもカメラも外部I/Fも全て下にして使っていると突然画面が逆さになることはありません。
  • カメラ : フロントのみ。30万画素。
    今さら30万画素って何?って感じですが、別に構わないのかも。
  • バッテリ : 2300mAh
    はっきりいって持たないです。そういう意味でもBluetoothテザリングができるようになっていてほしかった・・・。
  • 重さ : 315g
    Nexus7に比べて軽いです。これは非常によいです。
  • その他
    キングソフト製のアプリが初めからいくつかプリインストールされています。キングソフトは日本語IMEの件があってからちょっと信用できないので、嫌ですねぇ・・・。プリインストールなので削除ができないのが苛立ちます。

まあ、難ありですが、税込み6000円でお釣りがくることを考えると、これもアリなのではないかと思います。あと、意外にマッチしたのが、寝床での2ちゃんねるビューア利用です。軽いのでちょうどいいですね。

できればroot化してカスタマイズしてみたいところです。

ブラザーのレーザープリンタ買いました

これまでHPのインクジェットプリンタを使っていましたが、インクカートリッジを交換してもクリーニングか何かで印刷しない間にインクがなくなる(オイオイ・・・)ので、いざという時に使えません。そこで、レーザープリンタを物色していたのですが、どうやらブラザー製が比較的Linuxの情報が多そうだということで、ブラザーのHL-2240Dを買ってみました。(ちなみに価格はヤマダ電機で税別9980円+ポイント10%でした)

早速セットアップですが、Windows環境でのインストールはここでは省略します。

で、LinuxMint17のPCのUSBポートにプリンタを接続してみました・・・・が、何も起きません。(LinuxMint13とHPのプリンタの組み合わせだと勝手にインストールされたような記憶があるが、記憶違いかも?)

そこで、「システム管理」→「プリンタ」を選択してみても、

Screenshot-0

特に表示されていません。が、追加ボタンがあるので押してみると、

 

Screenshot-1

となって、やはり表示されません・・・が、よく見ると左下でくるくる回っていて、なにやら動いています。しばらく待ってみると、

Screenshot-2A

プリンタが表示されました!
これを選んで、「進む」を押してみると・・・

Screenshot-3

となり、

Screenshot-4

この中にBrotherの名前があるので、選択して、「進む」を押すと・・・・残念ながらHL-2240Dの名前はありません。(惜しい!)

気を取り直して、ブラザーのHPからLinux簡易インストーラをダウンロードします。展開して実行すると、

・・・となります。

bashでスクリプトを動かす際に、インストールするプリンタの機種名を引数に入れてやると、勝手にドライバをダウンロードしてきてインストールしてくれます。

この後の手順は、インストールするか否かに対してyと答えると、ブラザーの使用許諾の了解確認、その後にwgetでのwww.brother.comからのダウンロード、GPL(GPL v2)への使用許諾への了解確認、再びwgetでのwww.brother.comからのダウンロード、dpkgでのパッケージのインストールと続きます。

その後、Device URIを指定するか聞いてくるので、USBモデルの場合にはnと答えます。その後、テスト印刷を実行するか確認してきますので、yとするとしばらくしてテスト印刷が出てきました。

この時点で、「システム管理」→「プリンタ」を選択してみると、

Screenshot-5

として使用可能になっていました。

HPのインクジェットプリンタよりは若干面倒(HPの場合、何もしなくても挿すだけで使えました・・・)ですが、十分簡単になっています。

ヨドバシ格安SIMを買ってみた

9月1日からヨドバシカメラが格安SIMに参入しました。IIJmioなどの他のMVNO同様に高速通信の容量に応じたプランがいくつかありますが、何よりも最安プランが税込みで月額480円ということです。これまで最安のDTIのServerMan SIM LTE(月額504円)を下回り、しかもWirelessGateというWiFiスポット(単独だと月額390円)の利用ができます。

で、今日秋葉原へ行く機会がありましたので早速購入してきました。SIMを挿すのはXperia Acro (SO-02C)ですので、標準サイズのSIMパッケージを購入。

DSC06353

早速裏蓋を開けて、SIMを取り付けます。

DSC06354

取り付けたら電源ONして起動します。

起動後、説明書の記載にしたがって、APNの設定を行います。設定メニューでモバイルネットワークのアクセスポイント名のところでメニューから「新規」を選び、各項目を設定していきます。(公式ページの記載はこっちにあります)

  • 名前
    適当につけます。自分は「YODOBASHI」にしました。
  • APN
    説明書にはxi01.wi-gate.netとの記載がありますが、外袋にLTE非対応機種はfoma01.wi-gate.netにするように記載があるので、そちらにします。
  • ユーザー名
    wg@sim
  • パスワード
    wg
  • 認証タイプ
    CHAPまたはPAP

保存したら作成したAPNを選択してやると、HSDPAでつながるっぽいです。ただし、契約情報を入れてないので、まだ通信はできません。

その後、
http://www.wi-gate.net/sim/start/
にアクセスして、月額料金決済のためのクレジットカードを登録します。ここで面白いのは「SIMカードのカットやSIMアダプタでのご利用はお客様の自己責任となります。」という表現が出てくること。ドコモを含めSIMは貸与という位置づけが多いので、カッターなどでの加工は禁じられていることがほとんどだと思いますが、ヨドバシ格安SIMの場合にはSIMカッターでの加工を禁止していません。・・・が、後ろの方を読むと、解約時にSIMは返却するよう書いてあったりもします。

クレジットカードの登録が終わると、登録したアドレスに確認メールが届きます。それから数分後には繋がるようになっていました。(アプリのインストールをするよう書いてありますが、インストールせずとも繋がるようになりました)

250kbpsなのでOperaMiniを使ったWebサーフィンでも一般サイトは重いです。
が、FusionのSMARTTalkを使った通話はとりあえず大丈夫そうな感じです。
(もっとも、時間帯にもよるような気がします)

次に専用アプリをインストールしてみました。・・・まあ、2台目端末としての利用だと、アプリ要らん感じですね。WiFiスポット内で自動接続するらしいですが・・・。