FusionPCBのステータスが変わった

製造自体は速そうに思えたFusionPCB。なかなかステータスが変わりません。まあ、10月頭に国慶節で大型休暇があったりしたので、オーダーが溜まっちゃったりしているのか、あるいは、1.2mmなどというちょっと妙な基板厚さを指定したからバッチ処理に入るのに必要なオーダーが貯まらないのか理由はわかりませんが、なかなか発送の連絡が来ません。

・・・が、やっとオーダーステータスが変わりました。

Screenshot

しかし、PCB ProcessingとProcessing、何が違うのでしょうね。

・・・ググってみると、Processingになると翌日にはShippedになるという情報がありました。辛抱強く待ちましょう(笑)。

“FusionPCBのステータスが変わった” への1件の返信

  1. はじめまして、
    SeeedStudio会社Fusion PCB課のKathyと申します。

    SeeedStudioはオープンソースハードウェア(Open source hardware)の会社として、世界でも有名です。
    Fusion PCB課のプリント基板試作(PCB Prototypep )は弊社の特色サービスであります。
    基板製造・実装・設計は低価格・短納期、高品質で入手を実現できます!

    つきましては、記事を拝見しました。
    Fusion PCBをご利用いただき、ありがとうございます。
    日本の皆様のおかげで、5月4日にfusionの日本語サイト(https://fusionpcb.jp)が営業に運びになりました。
    宣伝するために、レビュー記事を募集中です。
    ですから、ご連絡いたします。お忙しいところ、申し訳ございません。
    恐縮ですが、もしよかったら、弊社のFusion PCBへレビュー記事をお書きいただけませんか。
    日本の皆様に格安のプリント基板をご紹介いただければ幸いと思います。
    御礼として、弊社のクーポン$30をお送りいたします。

    ご返事をお待ちしております。

    よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)