Python2.7のプログラムをexe化する

次に、Python2.7で作ったプログラムを配布用にexe化してみます。
まず、仮想環境を作ります。

次に、py2exeをインストールします。試しにpipでやってみると、

ということで、pipでインストールできるpy2exeはpython3.3以降が必要、ということでエラーになります。ですので、sourceforgeから2.7用のインストーラをダウンロードしてきて実行します。インストーラはexe形式のGUIになっていて、デフォルトでは大元のsite-packagesの下にインストールされるようです。

exeに変換するにはセットアップスクリプトが必要なようですので、まずは以下の内容で作成しました。

今回は、メインのスクリプト(処理が始まるところ)は main.py なので、main.py を指定。bundle_filesに1を指定すると、生成したexeファイルにランタイムdllを含めてくれるので、配布が楽になります。(代わりにサイズが大きくなります)

自作のログ解析ツールをLOGというサブディレクトリにソースコードを一式置いてexe化してみました。

それほど時間がかからずに処理が終わり、buildとdistというサブディレクトリができて、distの下にmain.exe という実行ファイルが作成されていました。今回の場合はサイズは6MBほど、できた実行ファイルを実行してみると、特に問題なく動作しました。

ということで、意外にあっさりexe化に成功しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)