TTGO T-Camera 出力画像を180度回転

現在のT-Cameraのソースだと、USBコネクタが上に来る向きで天地が合う形になっているので、結構扱いにくい(一方で、USBケーブルを挿した状態で置きやすいというメリットもある)。

で、カメラモジュールで反転させる機能があるのではないか、と探してみたところ、やはりあった。

これを使えないか探しまくった結果、カメラを初期化している

    //drop down frame size for higher initial frame rate
    sensor_t *s = esp_camera_sensor_get();
    s->set_framesize(s, FRAMESIZE_QVGA);

の後に、

    s->set_hmirror(s, 1); // 
    s->set_vflip(s, 1); //

と入れれば画像が回転できることがわかった。よって、先に入れたOLEDの表示を回転させる

     oled.flipScreenVertically();

は削除できる。
でも、USBコネクタが上のほうが便利な場合もあるので、

#define UPSIDEDOWN

とすることで反転するようにソース修正した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)