ArduinoにESP8266のボードマネージャを入れる

久しぶりにESP8266ボードの開発をしてみる(ソース修正の必要が出た)ので、改めて開発環境を構築してみた。環境は LinuxMint18.3 LTS 64bit。

Arduinoのインストールとボードマネージャのインストール

Arduinoは公式サイトから取ってきて、展開したディレクトリで

$ ./arduino-linux-setup.sh $USER
$ sudo ./install.sh

でインストールする。前者が環境セットアップ。後者が実際のインストール処理を行う。

引き続き、環境設定を行う。
Arduinoを起動して「ファイル」⇒「環境設定」を選択。

開いた設定画面の「追加のボードマネージャのURL」にGitHubのページに記載のあるURL「https://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json」を貼り付けて、OKをクリック。

「ツール」⇒「ボード」⇒「ボードマネージャ」を選択。

検索窓に8266と入れて、esp8266のパッケージをインストールする。

インストールが完了したら、「閉じる」をクリック。

「ツール」⇒「ボード」⇒「ESP8266 Boards」⇒「Generic ESP8266 Module」を選択。

Adafruit MQTTライブラリをインストール

Arduino公式サイトにあるESP8266のAdafruit MQTTライブラリをインストールする。公式サイトのAdafruit MQTTライブラリのページから最新のライブラリをダウンロードしてくる。

「スケッチ」⇒「ライブラリをインクルード」⇒「ZIP形式のライブラリをインストール」でインストールする。

これでESP8266ボードでMQTTの開発ができるはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)