ESP8266で収集したデータを表示させる(chart.JS編)

CanvasJSを使った表示は簡単で良かったのですが、ホビー利用でもメールで登録(だっけか?)がいるということが作ってからわかりました^^;。で、できるだけライセンスに縛られたくないので、chart.JSで作り直してみました。

正直、ちょっと触って使う分にはCanvasJSの方が使い勝手はいいです。サンプルもたくさんあるし。


CanvasJSの次に、C3.jsも触ってみたのですが、1画面内に複数のグラフを表示する方法がわからず、挫折しました。

そして、改めて、chart.JSに戻ってきました。まあ、やってることは大して変わりません。Flaskで出力する部分とテンプレートは作り直しました。

Flaskで出力する部分はこんな感じです。

def data():
	# データをファイルから読み出し
	def histimport():
		global hcyc,hist,hlen,odt
		with open('bme280/bme280.pickle',mode='rb') as f:
			[hist,hlen] = pickle.load(f)
	# 1枚分のデータ生成
	def makedata(idx):
		global hist,hlen
		# データ生成
		# section data
		s = "data: {\n"
		s += " datasets: [\n"
		# section data.datasets
		n1 = 0
		for k1 in hist :
			if n1 > 0 :
				s += ",\n"
			n1 += 1
			# x?
			s += " {\n"
			s += "  label: '{}' , \n".format(k1)
			s += "  showLine: true ,\n"
			s += "  lineTension: 0 ,\n"
			s += "  fill: false ,\n"
			#s += "  borderColor: \"rgba(255, 127, 0, 0.5)\",\n"
			s += "  borderWidth: 2,\n"
			s += "  pointRadius: 3,\n"
			s += "  data :["
			n2 = 0
			for k2 in hist[k1] :
				if n2 > 0 :
					s += ","
				n2 += 1
				s += "{{ x: {} , y: {} }}".format(k2[0]*1000,k2[1+idx])
			s += "]}"
		s += "\n]"
		s += "},\n"
		s += "options:{\n"
		s += " scales:{\n"
		s += "  xAxes: [{\n"
		s += "   gridLines: {\n"
		s += "    color: \"rgba(255, 0, 0, 0.2)\", \n"
		s += "    zeroLineColor: \"black\" "
		s += "   },\n"
		s += "   type: 'time',\n"
		s += "   time: { \n"
		s += "    unit: 'hour', \n"
		s += "    displayFormats: { \n"
		s += "     hour: 'MMM DD Ah:mm' \n"
		s += "    },\n"
		#s += "    stepSize: 1,\n"
		s += "   },\n"
		s += "  }],\n"
		s += "  yAxes: [{\n"
		if   idx == 0 :
			s += "ticks :{\n"
			s += " userCallback: function(tick) {\n"
			s += "   return tick.toString() + '℃' \n"
			s += " }\n"
			s += "},\n"
		elif idx == 1 :
			s += "ticks :{\n"
			s += " userCallback: function(tick) {\n"
			s += "   return tick.toString() + '%' \n"
			s += " }\n"
			s += "},\n"
		else : # idx == 2
			s += "ticks :{\n"
			s += " userCallback: function(tick) {\n"
			s += "   return tick.toString() + 'hPa' \n"
			s += " }\n"
			s += "},\n"
		s += "   gridLines: {\n"                   
		s += "    color: \"rgba(0, 0, 255, 0.2)\",\n"
		s += "    zeroLineColor: \"black\"  \n"
		s += "   },\n"
		s += "  }]\n"
		s += " }\n"
		s += "}\n"
		return(s)
	#
	histimport()
	html = render_template('bme280/bme280.html',	# for BluePrint
		data0 = makedata(0),
		data1 = makedata(1),
		data2 = makedata(2)
	)
	return html

まあ、ぶっちゃけ、ライブラリの使い方に合わせて修正しただけです。ヒアドキュメントで一気に書いてもいいのですが、インデントがよくわからなくなるので、こうしています。ただ、もうちょっとなんとかしてもよかったかも、と思います。

というわけで、センサの見える化ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)