CO2モニタ2号機の作成(3)〜フェイク品掴んでしもた・・・

さて、いつまでたってもオートキャリブレーションが終わらないので、「室内だと400ppm近傍までなかなかさがらないからかな?」と思って、窓の外に出して、TTGO T-Cameraで監視しています。

しかし、数値は全然収まる気配がありません。

で、この記事を書いている際にふと目にしてしまいました。

「MH-Z19Bにフェイク品がある」

ということを。こちらのページにまとめがあり、主な違いとして、

  • 純正品はケースの形状が複雑(外気取り入れ部の外周が出っ張っている。また上面に円形の出っ張っている部分がある)が、フェイク品はそのような形状がない
  • 純正品は基板の色が緑色でRoHSのマーキングがあるが、フェイク品の基板は黒色

ということがあるようです。で、確かに初号機の記事に写っているMH-Z19Bの写真は、

なのですが、2号機のMH-Z19Bの写真は

なので、見事にフェイク品に該当しています。うーん・・・(T_T)

見比べると、純正品のラベルの2次元コードはSemacodeのようなのですが、フェイク品はQRコードになっています(しかもまともに読めない・・)。
2回ともAliExpressの同じShopから買いましたが、1回目は本物だったものの、2回目はフェイク品を掴まされてしまったようです。

フェイク品に関する情報が記載されているURL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)