Linuxから別のLinuxのUARTコンソールにログインする

Linux上で別のLinuxのUARTコンソールにログインする方法にずっと悩んでいたのですが、少し解決策が見えてきたので、メモしておきます。

tioを使用して別のLinuxのシリアルコンソールにログインする

tioというターミナルプログラムがあり、これはエスケープシーケンスも通るようです。
インストールは

$ sudo apt install tio

でインストールできます。起動は

~ $ tio /dev/ttyUSB0
[tio xx:xx:xx] tio v1.32
[tio xx:xx:xx] Press ctrl-t q to quit
[tio xx:xx:xx] Connected

rpi4 login: pi
パスワード:
Linux rpi4 5.10.63-v7l+ #1459 SMP Wed Oct 6 16:41:57 BST 2021 armv7l

The programs included with the Debian GNU/Linux system are free software;
the exact distribution terms for each program are described in the
individual files in /usr/share/doc/*/copyright.

Debian GNU/Linux comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY, to the extent
permitted by applicable law.
最終ログイン: 2021/11/15 (月) xx:xx:xx JST xxx.xxx.xxx.xxxから開始 日時 pts/0

Wi-Fi is currently blocked by rfkill.
Use raspi-config to set the country before use.

pi@rpi4:~$ 

という感じで、簡単に使えそうです。この状態で stty の設定を見ると、

pi@rpi4:~$ stty -a
speed 115200 baud; rows 24; columns 80; line = 0;
intr = ^C; quit = ^\; erase = ^?; kill = ^U; eof = ^D; eol = <undef>;
eol2 = <undef>; swtch = <undef>; start = ^Q; stop = ^S; susp = ^Z; rprnt = ^R;
werase = ^W; lnext = ^V; discard = ^O; min = 1; time = 0;
-parenb -parodd -cmspar cs8 hupcl -cstopb cread clocal -crtscts
-ignbrk -brkint -ignpar -parmrk -inpck -istrip -inlcr -igncr icrnl ixon ixoff
-iuclc -ixany -imaxbel iutf8
opost -olcuc -ocrnl onlcr -onocr -onlret -ofill -ofdel nl0 cr0 tab0 bs0 vt0 ff0
isig icanon -iexten echo echoe echok -echonl -noflsh -xcase -tostop -echoprt
echoctl echoke -flusho -extproc
pi@rpi4:~$ 

そこで、コンソールのサイズを確認してから、

$ stty cols 138 rows 46

という感じでコンソールのサイズを設定してやれば、viでの編集はなんとかできそうです。

終了は起動時に表示された CTRL-T ⇒ Q で抜けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)