AVRプログラム環境(2)

無事にファイルをWindowsから持ってこれるようになったので、いよいよプログラムのコンパイル、リンク&書込みを試してみる。
書込みを毎回コマンドラインから行うのは面倒なので、Makefile に以下の内容を書き足した。

#--------
WRITER=-c avrispmkII -P usb
WRITER_MCU=t45

prog: all
    avrdude $(WRITER) -p $(WRITER_MCU) -F -U flash:w:$(IHEX)

これで、

$ make prog

としたら、コンパイル、リンク、書込みができた。ソースをいじって、LEDの点滅周期をイジって再度

$ make prog

としたら反映されたので、だいじょうぶみたい。
#fuse bit がどうなっているのかちょっとわからないけど、おいおい調べていくことにしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)