Ubuntuに回路シミュレータをインストール

久しぶりにアナログ回路シミュレーションをやってみようと思う。
といっても、本格的にやるわけでもないし、趣味の範疇なので以前購入した BLUE BACKS の「電子回路シミュレータ入門」(加藤ただし著、講談社、ISBN4-06-257344-X)に付属していた CircuitMakerのStudent版にすることにする。
このソフトはそもそもWindows版なのだが、最近の作業はほとんどUbuntuでやっていることと、最近のWINE(Windowsのエミュレータ)の出来はかなり良くなっていると聞いたので、WINE上で動かしてみることにした。
実際に動かすまでの手順は以下の通り。

  1. WINEのインストール
    これは簡単で、Synapticパッケージマネージャで、「WINE」を検索するとWINEがでてくるので、それを選択して待つだけ。バージョンは1.2のようである。
  2. CircuitMakerのインストールファイルを適当なところにコピーする
    添付CDーROMに入っていたCircuitMaker Student版のインストーラでは、実行属性がついていないので蹴られてしまう。
    なので、ホームディレクトリ以下の適当な場所にコピーし、 chmod u+x で実行属性をつける。
  3. 上記2で実行属性をつけたインストーラをファイルブラウザで右クリックし、「Wine Windows Program Loaderで開く」を選択すると、CircuitMaker Student版のインストーラが起動する。
    後はインストールはインストーラ任せ。Windowsと何も変わるところは無い。
  4. 起動は「アプリケーション」→「Wine」→「Programs」→・・・・以下に CircuitMaker があるので、それを起動する。

と、簡単そのものであっさり動く。無事にサンプル回路のシミュレーションも動作した。

秋月にZigBeeモジュールが登場

なにげなく、秋月電子のホームページをみていたら、新製品にZigBeeモジュールであるXBeeが登場しているのに気がついた。調べてみると、かなり面白そう。
すでにいろいろとやっている先人がいらっしゃるようで、

あたりの記事が参考になりそう。現物を手に入れたら参考にさせてもらおう。
しかし、ピンが2ミリピッチなのは要注意ですね。

それと、なにかしようと思ったらまずドキュメントが必要だが、

  • 製品マニュアルは製品ページのDocumentationからダウンロードできる
    (まだざっとしか読んでないので、開発に足りるかはわからない)
  • 設定&テスト用のユーティリティであるX-CTUというツールのマニュアルも同じ場所にある
  • X-CTU 自身は、Suppertで製品名「XBee/XBee-PRO 802.15.4 OEM Module」を指定すると、「Diagnostics, Utilities and MIBs」というリンクがあるので、そこをたどるとインストーラがダウンロードできる

ということで、ブレッドボードに乗っけてやれば最低限の実験ができそうな感じ。

店舗でみかけるようになったら買ってみることにしよう。