PIC24USBでUSBシリアルに挑戦 (2)サンプルソースを動かしてみる

まず、回路図を比較してみる。後述の通り、PIC24FJ256GB106を使うボードのターゲットはPIC24F Starter Kitである。こいつの回路図はMicrochip社のWebサイトで入手できた。PIC24USBとの主な差分は、

  • Starter Kitのクロックは、PIC18F67J5(デバッグ用のPICか?こいつのクリスタルは12MHzとなっている。)から供給されているので、周波数がよくわからない。一方で、PIC24USBのクリスタルは16MHz。
  • Starter Kitには32kHzのクリスタルがついている。
  • Starter KitはPGEC2/PGED2にICSP端子がつながるようになっているが、PIC24USBはPGEC1/PGED1にICSP端子がつながるようになっている。

であった。さらにソースを一通り眺めてみた。

  • 「main.c」からは「HardwareProfile.h」がインクルードされている。
  • 「HardwareProfile.h」を見ると、PIC24FJ256GB106を選択すると「Hardware Profile – PIC24F Starter Kit.h」がインクルードされることがわかる。
  • 「Hardware Profile – PIC24F Starter Kit.h」をみると、91行目で「PIC24F_STARTER_KIT」がdefineされる。
  • 再び「main.c」を見ると、213行目でCONFIGビットの設定が記述されていることがわかる。
    _CONFIG1( JTAGEN_OFF & GCP_OFF & GWRP_OFF & COE_OFF & FWDTEN_OFF & ICS_PGx2)
    _CONFIG2( 0xF7FF & IESO_OFF & FCKSM_CSDCMD & OSCIOFNC_ON & POSCMOD_HS & FNOSC_PRIPLL & PLLDIV_DIV3 & IOL1WAY_ON)

    CONFIG1は、JTAG禁止、コードプロテクトOFF、ライトプロテクトOFF、Clip-on Emulatorイネーブル、ウォッチドッグタイマOFF、さらに「ICS_PGx2」でPGEC2/PGED2とICSP端子をシェアする設定になっているので、ここを「ICS_PGx1」に変更する必要がありそう。
  • CONFIG2はTwo Speed Start UpがOFF、Clock Switch & Monitorが両方OFF、OSCO端子機能はRC15、HS oscillator、Primary oscillarot w/ PLL、RPレジスタへの書込み制限無しで、さらに「PLLDIV_DIV3」はオシレータの周波数が12MHzの時の設定だから、ここは「PLLDIV_DIV4」へ変更が必要と思われる。
  • 再び「Hardware Profile – PIC24F Starter Kit.h」をみると、95行めから122行目でデモボード上のLEDやスイッチに関する入出力の記述がある。

ということがわかった。

そこで、「HardwareProfile – PIC24F Starter Kit.h」の94行めから123行めのLEDとSWのマクロ定義の中身を適当に修正する。ポート読出し用は0か1固定、ポート書込み用は中身を空にすることにした。この状態だと、「main.c」のProcessIO()関数の中身によれば、入力されたASCIIコードに1を足したものをエコーする(つまり、AをタイプするとBを表示する)プログラムとなるようだ。

修正してコンパイルしたところ問題なくコンパイルが通ることが確認できた。

これをPICkit2で書き込んでリセット解除すると、新しいCDCクラスのデバイスとして認識され、「USB Device – CDC – Basic Demo」フォルダの下の「inf」フォルダ内のinfファイルをインストールすると、COM12ポートが生成された。TeraTermでCOM12を開いて、キーを入力すると、期待通りタイプしたキーのASCIIコードに1を足した文字が表示された。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)