上海電脳街散策(2) 散策編その2

ひきつづき、上海の電脳街散策です。

(3)百脳匯(浦東地区)

太平洋数碼三期から200メートルくらいでしょうか。張楊路(あってるかな?)を挟んで反対側にあります。

ここはテナント制なのかよくわかりませんが、有楽町のビックカメラが多少は近いイメージかもしれません。ただ、 個々の売り場は小さいながらも、1階のノートPCなどはそれなりにブランドなどにわかれていた感じです。2階はかなりの広さを携帯電話が占めていましたが、どういう基準でわかれているのかはよくわかりませんでした。

太平洋数碼三期にせよ百脳匯にせよ、立ち止まると執拗な勧誘攻撃に合うので、ゆっくり見れませんでした。特に太平洋数碼三期は同じようなものをあちこちの店で売っていて、価格の表示もないので安いのか高いのかもわかりません。また、USBで接続するモバイル通信用の端末も小型化が進んでいてUSBメモリなのかUSBのLANアダプタなのかUSBの3G端末なのかパッと見ただけでは区別がつきませんでした。

(4)蘇寧電器(浦東)

(浦東地区では)百脳匯から南泉北路を100メーターくらい北に入ったところにあります。

こちらは大型電気店(チェーン店)ですが、浦東の店はそれほど大きくありません(他がもっと大きいのかどうかは知りませんが・・・)。時間が早かったせいかもしれませんし、店内の奥の1/3くらいが改装(売り場構成の変更?)中だったせいか、やる気がないのか、売り子は黙ってみているだけです。特に声をかけられることもありませんでした。ただ、USBタイプの3G端末は見つけられませんでした。携帯電話はいっぱいあったのですが・・・。

こうしてみると、しつこく声をかけられるのも鬱陶しいですが、何も声をかけられないのも寂しい所です。(といっても、かけられても中国語ではまったく理解不能なのですが・・・)

(5)Best Buy

こちらは米国系の店です。場所は百脳匯と蘇寧電器の間で、蘇寧電器のすぐそばです。こちらも大型店で、売り子は(面積当たりでは)それほど多くなく、特に声をかけられることもありませんが、熱心に店員に話を聞いている客が多いのが印象的でした。(残念ながら写真はありません)

(6)おまけ

散策にあたって参考にしたページを挙げておきます。