Arduinoベースの加速度計を改造

Arduinoベースの加速度計ですが、思ったよりも電池の消費が大きく20mAくらい食っています。ですので、200mAhの006P型の電池では10時間くらいしか持ちません。しかし、頻繁に地震で揺れるので、できれば電源をいれたままにしておきたいところです。(最初の思惑では5mAくらいに収まって、丸2日くらい動かないかな~、と思っていたのですが・・・)

そこで、後改造で綺麗とは言い難いのですが、12VのACアダプタでの駆動としてみました。

ついでに、NiMH電池へのごく簡単な充電回路も追加しました。

といっても、簡単にするためにトリクル充電としています。本来はNiMH電池はトリクル充電には向いていないのですが、充電電流も7mA程度と時間率に直すと28時間程度なのでよしとすることにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)