Ubuntu11.04をインストール中

今、5月1日にリリースされたUbuntu11.04 Desktop 日本語 Remix CDを例によってUSBメモリにインストールしています。

最初はVMwareServer上でUSBメモリを認識させてインストールしようとしていたのですが、途中で止まってしまいます。それに、後で気づいたのですが、USBメモリが/dev/sda3とか/dev/sda4とかになってしまうので、ブートローダの書き込んだあと、修正が必要になってしまいます。

で、いまは、CD-ROMを実際に作成し、Core2Duoのマシンを使ってUSBメモリにインストール中です。HDDがSATA、CD-ROMがATA(パラレルATA)のマシンなので、USBメモリへのインストールは簡単です。

  1. BIOS設定メニューでSATAをDisableにする。
    (これができるマシンだと簡単なのです)
  2. CD-ROMから起動するようにBIOSを設定する。
  3. Ubuntu11.04 Desktop 日本語 Remix CDをCDROMにセットして起動
  4. ブートが始まったらUSBメモリを挿入
  5. しばらくするとライブCDとして動かすか、インストールするかを聞かれるので、インストールを選択
    (10.04ではインストール後に改めて実施だったのが改良されて楽になってます)
  6. インストール中にアップデートを参照するか、サードパーティ製のソフトをインストールするかを聞かれるので、両方ともチェックする
  7. 表示に沿って、ホスト名、ユーザー名、キーボード、タイムゾーンなどを設定する。
  8. 指示に従って再起動すると、Ubuntu11が起動します。

起動中はアクセスが遅いためか、やはり表示のない期間が長めです。ハングアップしたと思わないで、耐えることが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)