Android SDK in Linuxで実機デバッグ環境構築

http://developer.android.com/guide/developing/device.html#setting-upのページに沿って、Linux環境での実機デバッグに挑戦します。デバッグターゲットはPocketWifi S(S31HW)です。

1.Android Manifestでアプリケーションをデバッグ可能に設定する

eclipseにてパッケージエクスプローラにて「AndroidManifest.xml」を選択し、真ん中の「Android Manifest Application」にて下の方の「「ア」アプリケーション」を選択します。

その中の「Debuggable」の項目を「true」にします。結果はAndroid Manifext.xmlに

 android:label="@string/app_name" android:debuggable="true"

という記述が追加されているかで確認できます。

2.Androidの実機側でUSBデバッグを許可する

「設定」→「アプリケーション」→「提供元不明のアプリ」にチェックを入れる。

「設定」→「アプリケーション」→「開発」→「USBデバッグ」にチェックを入れる。

3.udevルールを作成する

(1)lsusbコマンドでUSBベンダIDを調べる

Androidデバイスを接続し、lsusbコマンドで接続されているデバイスを表示する。

$ lsusb
Bus 003 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub
            :
Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub
Bus 001 Device 005: ID 12d1:1038 Huawei Technologies Co., Ltd.
Bus 001 Device 002: ID 8087:0024 Intel Corp. Integrated Rate Matching Hub

青の行がHuaweiなので、この行がPocketWiFi Sです。そしてベンダIDは赤字の「12d1」であることがわかります。

(2)udevルールファイルを作成する

ルート権限で「/etc/udev/rules.d/51-android.rules」を作成し、その中身を、

SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="12d1", MODE="0666", GROUP="plugdev"

とする。作成したファイルは、アトリビュートを変更しておく。

$ sudo chmod a+r /etc/udev/rules.d/51-android.rules

 (3)udevルールファイルを再読み込みさせる

udevadmでルールを再読み込みさせる。

$ sudo udevadm control --reload-rules

この後、一旦PCからAndroid機を取り外し、再度取り付けます。

4.実機でデバイスが認識されているか確認する

adbコマンドでデバイスが認識されているか確認してみます。

$ adb devices
List of devices attached
5Cxxxxxxxxxx device

となって、2行目の方(5Cで始まる行)で認識されていることが確認できます。

 5.Eclipse上で「実行」してみる

実行すると、PocketWiFiS上で動きました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)