lubuntu13.04をインストールしてみました

Ubuntuおよびxubuntu、lubuntuの13.04がリリースされているようです。早速、軽量なlubuntuをインストールしてみました。もちろん、インストール先はUSBストレージデバイス(今回はUSB HDD)です。インストール自体はインストールに使うPCのSATAコントローラを禁止しておけば特に難しい所は何もありません。lubuntuはとても親切で、日本語を指定してインストールすると日本語環境までインストールされているようです。

今回はそこにSATAを禁止したカーネルを作ってインストールしてみました。

カーネルの作成自体は仮想マシンにインストールしたUbuntu13.04で行いました。手順はこちらと何ら変わる所はありません。完全にそのままです。

今回異なるのは俺々リポジトリの追加で、前回と同じ手順ではSynapticがエラーを吐いてしまいます。試行錯誤の末、以下のような感じとなりました。

1.リポジトリサーバ側

作ったパッケージを以下のディレクトリに配置します。

カレントディレクトリを /var/www/ubuntu に移動し、Packages.gzファイルを生成します。

2.lubuntu側

以下のリポジトリの記述を /etc/apt/sources.list に追加します。

Synapticにてリポジトリの追加を行っても大丈夫でしょう。

再読込の後に nosata で検索して、パッケージをインストールします。

 

viおよびlessの使い方

Linuxを使っていると否応なく出てくるテキストエディタが vi です。

趣味の範囲で触っている分には、geditとかplumaとかのGUIなテキストエディタを使ってのんびり作業すればいいのですが、最近は開発環境などでLinuxが使われることが少なくありません。

自分の場合はその開発環境でどっぷり開発する、ということはあまりなくて、どちらかというと発生したトラブルについて支援を求められることの方がずっと多いです。助けにいくとなるといろんなディストリビューションがでてくるのですが、Fedora,Ubuntu,Debian,RHL,CentOS,SysRescueC,Gentooなど聞いたことがあるものから場合によってはフルスクラッチのものまで出てきます。

それらの環境でいろんなソースファイルやコンパイルログ、コマンドラインの結果などを確認したり、修正したりしていくには標準で入っているviで作業できることが必要になってきます。
今回は、そんなシチュエーションでの作業において使うviとlessの操作をいずれ整理しようと思い、それに先立って参考になりそうなサイトを探しました。

“viおよびlessの使い方” の続きを読む

SynapticでインストールできるSATAなしカーネル

Basix用にSATA無しカーネルパッケージを作ってみました。
前回はLinuxMint用に作ったカーネルをそのままBasixにインストールしてしまいましたが、ディストリビューションによって採用しているカーネルのバージョンが違うのでどうかな、とは思っていました。
そこで今回は仮想マシン上のBasix自身でカーネルを作ってみました。

追伸:LinuxMint13 MATEやXFCE用も作ってみました。ディレクトリ名などの「basix」を「mint13mate」や「mint13xfce」に読み替えれば大体作業OKです。

<2014.1.12追記>再度カーネルバージョンアップする効率的な方法がいまひとつです。結局、ディスク容量に余裕を持たせた別のマシン(仮想マシン)でカーネルパッケージを作ってインストールしています。

“SynapticでインストールできるSATAなしカーネル” の続きを読む

2枚目のCeleron847を導入

BIOSTARのCeleron847オンボードマザーのNM70I-847は結局Windows8マシンになってしまいましたが、やっぱり小型で静かな常時電源ONのLinuxマシンを用意したくなってしまい、もう1枚Celeron847マザーを調達してしまいました。

今度はGIGABYTEのGA-C847Nにしてみました。
GigaEtherが2つあったり、今時珍しいPCIスロットがあったりしますが、普通に4GBのメモリ2枚とセットで組んでLinuxMint13 MATE Edtion 32bit(PAE対応カーネル)を入れたら、何の問題もなく安定動作しました。

しかし、このマザーもシステムFANの速度制御機能はなく、ケースFAN(小型ケースなので4cmファン・・・)が全開で回るので壮絶な騒音で常時ONどころではありません。かといって、ケースFANなしではさすがに熱が篭もるので、以前作ったFANコントローラを入れました。

IMG_6068S

ファンが4cmなのでファームウェアを少し修正して、高速回転寄りになるようにしました。(そもそも4cmファンでは1000rpmとかではそのままでは安定して回りませんでした)
非常に効果的で、ほとんど音は気にならず熱が篭もるようなこともなくなりました。

その後、VMwareをインストールし、さらに仮想マシンにBasixやLinuxMintを入れて怪しいサイトはVMでアクセスして使える常用PC化することができました。仮想マシンでもHD動画は無理ですがYouTube再生も目立ったコマ落ちなく再生できるので、ちょっと怪しいことも安心して試せるPCになりました。

爆弾低気圧襲来

この週末は爆弾低気圧襲来・・・ということになっていますが、たまたま東京電力の雨量情報を見ていたら、興味深いことになっていました。

21_062030

千葉県の真ん中辺りを中心に、同心円状に雨の強い地域があるのがわかります。しかも、中心では雨が降っていないようです。まるで台風の中心みたいです。