趣味の電子工作などの記録。時にLinuxへ行ったり、ガジェットに浮気したりするので、なかなかまとまらない。※サイト移転しました(tomono.eleho.net ⇒ tomono.tokyo)
RSS icon
  • TwitterのストリーミングAPIを試してみた

    投稿日 2013年 9月 3日 1つのコメント

    Twitterからリアルタイムに情報を得るStreaming APIを試してみました。

    として、パッケージ管理ツール pip をインストールした後、tweepy をアップグレードしました。その後、キーワードを含む tweet を入手するスクリプトをいろんなところを参考にしながらなんとか作りました。

    15~27行目がデータ受信時の処理で、データを分析してユーザー名やscreeen_name、tweetの内容などを表示します。29行目からが認証で、34行目でstreaming apiを呼び出しています。
    39行目でフィルタの内容を設定していて、ここでは日本語のTweetで、「AKB,HKT,NMB」を含むものをキーワードとしています。キーワードは日本語のようなスペース区切りではない言語では正常に動作しないようです。

    同じ処理は、on_data ではなく、 on_statusを使うとJSONの解析もTweepy側でやってくれるようで、on_status版も上げておきます。

    取得できるデータは、あるtweetを参考に分析してみたところ、

    というような感じで、ユーザー名などは入れ子になったデータ構造になっていますので、on_data版ではソースの20行目のように一旦’user’データを取り出しています。

     



    1 Trackbacks / Pingbacks

    コメントをどうぞ(日本語のみ/Only in Japanese)

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)