秋月に新しいユニバーサル基板が登場

秋月電子のサイトを見ていたら、新しいユニバーサル基板が出ているのを発見。

従来の2.54mmピッチの端子間に表と裏にそれぞれ異なる向きで電源バスを這わせて、交差点の部分にスルーホールを設けた構造みたい。
単一電源の回路であれば電源・GND配線が格段に簡単になる上に、4層基板には届かなくても電源インピーダンスは確実に下がるはずので、いろいろ作りやすくなりそう。
(かといって、沿面距離は何をしても大幅に小さくなってしまうので、高電圧がかかる回路は絶対に避けないといけないですが)

プルアップやプルダウンの抵抗・パスコンも1005のチップ品を使えば電源グリッドのスルーホールから直接接続できそうな感じ。1608ではちょっと苦しいかな(いけたらうれしいのだけど)

サイズはBタイプCタイプの2種類。今度見かけたら買ってみることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)