Linuxが走る小さなボードAriettaG25

HACK A DAYの記事で見かけたのですが、ARM9 400MHzとDDR2-SDRAM 128/256MBが載った小さな小さなボードです。
公式ページをみると、53mm×25mmとのこと。Raspberry Piの4分の1か3分の1くらい。

WiFiモジュールのための端子があって、WiFiモジュールを重ねて載せられるようです。ソフトウェアはEmDebian Wheezy 7.6が走るようですので、性能はともかくとして、Debian環境でできることは概ね容易に移植可能なのでしょう。

この手のボード(というか汎用SoC)だと兼用端子で悩むことになりますが、設定ファイルを生成するためのWebページが用意されています。これは便利そうです。

価格は128MB版が20ユーロ、256MB版が30ユーロ、WiFiモジュールが7ユーロ。値段も手頃なのですが、Made In Italyなので送料が気になるところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)