Raspbianにmoserialをインストール

なんだかんだで忙しくて、気づけば11月末から更新してないですね。

それはそうと、忘れないようにメモです。

Linux環境でシリアル通信をするものに対するテスト・デバッグではmoserialが便利だと思っているのですが、ポータブルな環境で扱おうと思ってRaspberry Pi2で動かすべく、Raspbianにインストールしてみました。

RaspbianのSynapticで検索してもmoserialは出てこないので、ソースからコンパイルするしかなさそうです。

まず、環境整備として、Synapticで

  • gnome-common
  • libglib2.0-dev
  • yelp-tools
  • libgtk-3-dev
  • valac

(とその依存ファイル)をインストールします。順に、

  • gnome-autogen.shがない
  • glib-gettext >= 2.2.0が要る
  • yelp.m4がない
  • ‘gtk+-3.0’パッケージがない
  • valacコマンドがない

の対策になります。パッケージをインストールしたら、

$ git clone git://git.gnome.org/moserial
$ cd moserial
$ ./autogen.sh --prefix=/usr
$ make
$ sudo make install
$ moserial

でgitでソースコードを引っ張ってきて、コンパイル、インストール、実行になります。(実際には引っかかりながら必要なパッケージをインストールしていったのですが)

Raspbian環境ではUARTはUSBに接続したいわゆるUSBシリアルしかでてこないようです。(ハードウェアピンにはなかったっけ?)

もしmoserialをインストールする方がいて、その参考になれば、ということで残しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)