インテルベースのシングルボードコンピュータ

たまたま見かけたのですが、「Raspberry Pi 3に対抗する(?)」インテルベースのシングルボードコンピュータがいくつか出てきているようです。

最初にみかけたのが LattePanda です。最初にみつけたYouTubeの動画などによると、

  • IntelのQuad CoreのCPU(Cherry Trail 1.8GHz)
  • ストレージは32GBのeMMC
  • RAMは2GBと4GBの2種類
  • RAMが2GBのモデルにはWindows10付きのものもある
  • USB3.0×1、USB2.0×2、WiFi + Bluetooth4.0、HDMI、100Mbps Ethernet、MicroSDスロット
  • Arduino対応のGPIO、Cheery TrailのGPIO
  • 電源は5V 2A

と仕様のようです。で、メモリ2GBのOSなしが$79、メモリ2GBのWindows10モデルが$109、メモリ4GBのOSなし?が$139のようです。ディストリビュータはDFRobotのようなのですが、LattePandaのWebサイトからAmazon Japanのページに飛んでくると、4GB版が19,999円になっています。で、この4GB版の商品説明が微妙で、

2016-11-24

で、なんのこっちゃ?なのですが、要はWindows10はインストールされているのだけど、ライセンスキーは付属しない、ということのようです。騙されて(?)買っちゃった人のレビューが載ってます。$109でOS有りだと、まあ面白いかも、なのですが、いくら4GBといえども、2万円でOS無しだとあまり買う意味無いですね・・・。また、Raspberry Pi 3との比較ビデオもあって、これを見ると、Intelプロセッサだけどあまり速くない。というか、Raspberry Pi 3が思ったよりも速いというか、やっぱWindows10重いというか、そんな感じでしょうか。

次に見かけたのがUDOO X86です。こちらはKICK STARTERでキャンペーンやってた(?)みたいです(やってるけど日本からは注文不可?)。公式Webの内容とKICK STARTERの内容で差があるのですが、公式Webの記載によると、

  • Intel の Quad Core CPU(Braswell で最大2.56GHzまでのモデルがある?)
  • メモリはDDR3L で 2GB/4GB/8GB
  • HDMIとDP×2(4K画像が3画面出せるような記述あり)
  • eMMC最大32GB(Webサイトでは安価なモデルはeMMCなし、KICKSTARTERでは8GB)
  • SATAコネクタ、M.2 SSDスロット、MicroSDスロット(KICKSTARTERではMicroSDからブートできるような記載もあります)
  • USB3.0×3ポート
  • Gigabit Ether
  • ArduinoコンパチのI/Oポート
  • その他

ということみたいです。KICKSTARTERでは

  • 2GHzのCPU、RAM2GB、eMMC8GBのものが$89(売り切れ)
  • 2.24GHzのCPU、RAM4GB、eMMC8GBのものが$109
  • その他

のようで、Webサイトで受け付けているPREORDERでは、

  • Atom X5-E8000 2GHz、RAM2GB、eMMCなし、ACアダプタ付きで$125
  • Celeron N3160 2.24GHz、RAM4GB Dual Channel、eMMCなし、ACアダプタ付きで$149
  • Celeron N3160 2.24GHz、RAM4GB Dual Channel、eMMC 32GB、ACアダプタ付きで$165
  • Pentium N3710 2.56GHz、RAM8GB Dual Channel、eMMC 32GB、ACアダプタ付きで$259

となっています。まあ、小さいPCとしてみると魅力的に見えないこともないのですが、送料とか関税(かかるのかな?)とか考えるとイマイチ感もありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)