TensorFlowを試してみる(1)

ふとTensorFlowを試してみたくなりました。(そのためにDocker環境作ってました)

で、なかなかよさげなTensorFlowのチュートリアルを発見しました。

TensorFlow入門(https://deepinsider.jp/tutor/introtensorflow

こちらを参考に進めてみます。

第2回の環境構築でつまづきましたので、そのメモです。

環境は、冒頭に書いたとおり、TensorFlowを試すためにDockerの環境を作ったので、Docker前提で進めます。(Docker環境にしたのは、現状のLinuxMintの環境をできるだけ壊さないためです)

で、TensorFlowの公式サイト(https://www.tensorflow.org/install/)を参考にTensorFlowコンテナをインストール、起動します。

公式サイトの冒頭の起動方法では、まず docker run コマンドに -u オプションをつけろ、と警告が出ます。上記では「-u $(id -u):$(id -g)」を付けています。
しかし、この環境では python のバージョンを確認すると2.7でした。python3とするためにコンテナのタグに-py3を付けます。

python3での対話モードでの確認もエラーは出ませんでした。が、こんどは Jupyter Notebookでハマります。結局、ホスト側でJupyter Notebookのディレクトリをまず作ります。

その上で、Jupyter Notebookに対応したイメージを引っ張ってきて起動します。

ということで、

で起動するのが最終形となりました。起動後、ブラウザで表示されたトークンを含む形(今回の起動であれば http://127.0.0.1:8888/?token=3dcab8dd69809896495d64041dba74e654c52612ea877c70 )にアクセスすると、

こんな感じでアクセスできました。ちなみに、Docker環境を終了させる場合には、Ctrl + Cで「y」入力です。

とりあえず、第2回まで完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)