ESP32 NTP時計

ESP32モジュールと昔買って余っていたグラフィック液晶でNTPで時刻取得する時計を作ってみました。部屋には電波時計があるのですが、鉄筋コンクリートの構造だと全然時刻合わせができませんでした。今だと電波時計よりも無線LAN+NTPの方が便利かもしれません。ファームウェアはPlatformIOで作ってみました。

今のところは画面は上半分しか使っていませんが、I2Cの端子は空けてあるので、下半分はBME280モジュールを追加して温湿度+気圧を表示するか、ネットワークの状態を監視して状況を表示するか、そのあたりで考えています。あるいは、アナログっぽい表示にするかもしれません。

それにしても昔の液晶モジュールなので、インタフェースがパラレルで配線本数が多くて大変です。あと、GPIO34以降は入力専用であることに気づかず、表示が出なくてハマりました。

ケースはこれから適当に現物合わせで設計して3Dプリンタで出力しようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)