Ubuntuでタイムゾーン設定

WebArena上のVPSで動かしているFlaskのサイトをよく見ると、自力でグラフの横軸を出しているところで、時刻が9時間ほど遅れているのを発見しました。たぶん、これはタイムゾーン設定だということで、これを修正することにしました。

root@i-xxxxxxxx:~# date
Tue Aug 18 14:52:27 UTC 2020
root@i-xxxxxxxx:~# timedatectl 
Local time: Tue 2020-08-18 14:52:33 UTC
Universal time: Tue 2020-08-18 14:52:33 UTC
RTC time: Tue 2020-08-18 14:52:34
Time zone: Etc/UTC (UTC, +0000)
System clock synchronized: yes
systemd-timesyncd.service active: yes
RTC in local TZ: no
root@i-xxxxxxxx:~# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo
root@i-xxxxxxxx:~# timedatectl 
Local time: Tue 2020-08-18 23:52:56 JST
Universal time: Tue 2020-08-18 14:52:56 UTC
RTC time: Tue 2020-08-18 14:52:57
Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
System clock synchronized: yes
systemd-timesyncd.service active: yes
RTC in local TZ: no
root@i-xxxxxxxx:~# date
Tue Aug 18 23:53:02 JST 2020
root@i-xxxxxxxx:~#

ということで、無事にタイムゾーンをJSTに設定しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)