TinyYOLO2でのオブジェクト検出

MaixPy M1 Dockでのデバッグ環境が一応整ったので、こちらの記事にあるオブジェクト検出にトライしてみます。

リンク先にあるmaixpy_20class.zip をダウンロードしてきて、kflash_guiで20class.kmodelを0x500000を指定してダウンロードします。

ダウンロードを開始すると次のような感じになります。

ダウンロード完了後、MaixPy IDEを起動して、20class.pyを開いて動かすとオブジェクト検出ができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)