RTL-SDRを動かしてみました

これ

でポチったRTL-SDRが届きました。買ったのは

です。以前、SDRにトライしたときのRTL2832Uのドングルもあるのですが、RTL-SDRはTCXOを搭載しているので周波数のズレが小さく変動も少ない状態で動作させることができるはずです。

とりあえず動かすのに、ソフトウェアはGqrxを使ってみます。

まず、/etc/udev/rules.d/20-rtlsdr.rules に以下のファイルを作成して一般ユーザーでもRTL-SDRにアクセスできるようにします。

SUBSYSTEM=="usb", ATTRS{idVendor}=="0bda", ATTRS{idProduct}=="2832", GROUP="adm", MODE="0666", SYMLINK+="rtl_sdr"
SUBSYSTEM=="usb", ATTRS{idVendor}=="0bda", ATTRS{idProduct}=="2838", GROUP="adm", MODE="0666", SYMLINK+="rtl_sdr"

udevルールを再読込して有効化します。

$ sudo udevadm control --reload

RTL-SDRをテストするツールをインストールします

$ sudo apt install rtl-sdr

テストしてみます。

$ rtl_test
Found 1 device(s):
  0:  Realtek, RTL2838UHIDIR, SN: 00000001

Using device 0: Generic RTL2832U OEM
Detached kernel driver
Found Rafael Micro R820T tuner
Supported gain values (29): 0.0 0.9 1.4 2.7 3.7 7.7 8.7 12.5 14.4 15.7 16.6 19.7 20.7 22.9 25.4 28.0 29.7 32.8 33.8 36.4 37.2 38.6 40.2 42.1 43.4 43.9 44.5 48.0 49.6 
[R82XX] PLL not locked!
Sampling at 2048000 S/s.

Info: This tool will continuously read from the device, and report if
samples get lost. If you observe no further output, everything is fine.

Reading samples in async mode...
Allocating 15 zero-copy buffers
lost at least 4 bytes

とりあえずOKでしょうか。次に、Gqrx SDRのページに行くと、Experimentalですが、AppImageがありましたので、デスクトップ上にダウンロードして実行属性を付けてダブルクリックしてみました。

Deviceに Realtek RTL2838UHIDIR SN: 00000001 を選んで、周波数を80.000.000に設定して再生ボタンっぽいのを押すと、FM東京が再生されました。

RTL-SDRの資料

クイックスタートガイド(QUICK START GUIDE)

ユーザーガイド(RTL-SDR BLOG V.3. DONGLES USER GUIDE)

V.3固有の機能としてダイレクトサンプリングモードを使うと500kHz〜28.8MHzの短波帯を聞くことができる。SDR#の場合にはconfigureメニューでQ-branchを選択し、500kHz〜28.8MHzにチューニングする。
HDSDRやGQRXのようなその他のソフトウェアの場合には device string で値を2または3に設定する。GQRXの場合には device string は rtl=0,direct_samp=2 となる。インストールのしかたによっては rtl=0,direct_samp=3 になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)