秋月ZigBeeモジュールとの接続テスト

なんとかブレッドボードに載るようになったXBeeですが、X-CTUを使ってモジュールとの接続テストを実施しました。

右側のXBeeはまだ何もつないでいません

XBeeの電源は3.3Vの50mA以下ですので、秋月電子のFT232RLモジュールから供給させることにしました。接続は以下の通りです。

  • XBeeの1ピン(VCC)とAE-UM232RLの19ピン(3V3)
  • XBeeの2ピン(DOUT)とAE-UM232RLの5ピン(RXD)
  • XBeeの3ピン(DIN)とAE-UM232RLの1ピン(TXD)
  • XBeeの10ピン(GND)とAE-UM232RLの24ピン(GND)
  • XBeeの12ピン(CTS#/out)とAE-UM232RLの10ピン(CTS#/in)
  • XBeeの13ピン(ON)を抵抗・LEDを通してGNDへ
  • XBeeの16ピン(RTS#/in)とAE-UM232RLの3ピン(RTS#/out)
  • XBeeの1ピン(VCC)とAE-UM232RLの24ピン(GND)

WindowsXPマシンにFT232RLのドライバは元々入っていましたので、PCに接続し、COMポートを確認して、Modem ConfigurationのタブでReadを押すと、以下のように設定情報を読み取ることができました。

このままモジュール間の接続テストを行いたいところですが、FT232RLの供給可能な電流は50mA、XBeeの消費電流は最大45mAです。電流容量が不足しており、1つのFT232RLから供給することはできませんので、ここまでとしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)