PIC24USBでUSBシリアルに挑戦 (4)送信バッファ組込み

アナライザとしてPIC24USBを使う場合、大量のデータがPIC24USBからPCに上がってくることになるが、Microchip社が提供するUSB Frameworkでは送信バッファがそのままUSBコントローラに渡されるため、送信データは毎回ブロッキングされてしまう。これではちょっと都合が悪いので、ソフトウェアのバッファを噛ませることにした。
1KBのソフトバッファをかませたうえでのUSB-CDCの通信速度は約200~250Kbpsといったところのようである。PIC24USBからSOF割り込みの回数カウント値とデータ表示回数をカウントした値をsprintfで表示したものを、PC側でTeraTermProでひたすら表示しているだけである。
XBeeとAVRの間は9600bpsなので、上り下りで約20Kbpsである。凝った解釈をしなければなんとか表示できると思うのだが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)