VMware上にUbuntu10.04LTSとXubuntu10.10をインストール

Chromeブラウザのアルファ版を試してみたくなった。しかし、普段の環境にインストールすると後で往々にしてハマることが多いので、VMware上にインストールすることにした。

まずは、Ubuntu10.04LTSをインストール。インストールISOイメージを持ってくる(ダウンロードする)間に、仮想マシンを debian32bit で生成。仮想CDROMにインストールISOイメージをマウントして、仮想マシンを起動。インストールISOイメージを仮想ディスクとは別のHDDにいれていることと、仮想ディスクへのライトキャッシュを許可してあることからか、インストールはあっという間に終わってしまう。次に、アップデートマネージャを起動すると、数百MB分のアップデートが要るということで、かなりの時間を要してしまった。
VMware toolsのインストールも、共有ディスクを生成していないことでエラーが出るのと、vmxネットワークドライバのコンパイルでエラーになるが、操作性とグラフィックスの改善ができたのでよしとする。(しかし、実際には、VMwareについているVMware toolsよりも、ここで紹介されているopen-vm-toolsの方が良いのかもしれない。)
それはさておき、Ubuntuのインストール中に見つけた、軽量版のXubuntuが気になってしまった。(Ubuntuでも十分に軽いのだが)
同様にインストールISOイメージを持ってくる(ダウンロードする)間に、仮想マシンを debian32bit で生成。仮想CDROMにインストールISOイメージをマウントして、仮想マシンを起動。インストールISOイメージを仮想ディスクとは別のHDDにいれていることと、仮想ディスクへのライトキャッシュを許可してあることからか、インストールはあっという間に終わってしまう。こちらのインストール時は繁体字(中国語)まじりの日本語になっているが、インストール後の日本語の文字はUbuntu10.04と大差は無い。(ただし、メニュー自体は一部英語のままになっている)
次のアップデートもUbuntuと同様だったが、その次のVMware toolsのインストールで嵌ってしまった。結局、調べていくと、VMwareについているVMware toolsではなく、ここで紹介されているopen-vm-toolsを

$ sudo apt-get install open-vms-tools

でサクッとインストールするだけでよいことがわかった。
次にChromeブラウザをインストールした。デスクトップやランチャメニューに追加するには、Ubuntuの場合にはマウス操作でできたのだが、Xubuntuはそうはいかず、ランチャを一つずつ追加するしかなさそうである。
機能的にはやや劣るものの、XubuntuはUbuntuと比べても非常に軽い。そして概ね日本語化ができていて、フォントも(インストーラを除けば)Ubuntuのものと同じ綺麗なものが使われている。・・・と思ったら、XubuntuでChromeを使うとUIと異なるちょっと貧相なフォントが使われてしまうのが残念。Chromeの設定自体は同じようなので不思議なのだが・・・。


12/23追伸
Chromeのアルファ版はWindows版しかないのであった。がっくり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)