XBee応用製作第1弾 リモートレリーズ 実験編

前回の調査結果に基づいてレリーズケーブルの改造を行い、以下のような形態で実験に成功した。

なんのことはなくて、ATmega88のPORTDにTD62083を接続して、シャッター端子を駆動しているだけ。

カメラとつなぐとこんな感じ。

XBee親機の先のTeraTermからキー入力するとピント合わせとシャッターを切ることができた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)