脈拍検出をPSoCで再現

一昨日のOPAMP(LMC662A)による回路をそのままPSoCで再現してみました。

使用デバイスはまず制約の少ない条件で楽にインプリメントしたかったので、CY8C29466-24PXIを使っています。センサはGP2S05のままです。

PSoCらしくローパスフィルタ/ハイパスフィルタ部分もPSoC内に入れたかったのですが、周波数が低すぎて単純に実装するのではうまく取りこめないようです。そのため、CRのフィルタはそのままにしてあります。そして、最後のゲインを稼ぐ部分のみ48倍設定としてあります。

増幅した後の信号を端子に出力して、その波形を観測してみました。

動作としては検出はできています。ただ、フォトリフレクタへの指の当て方でだいぶ変わってしまいます。また、インバータ式蛍光灯や外部ノイズに弱いようで、なんらかの対策は必要な感じです。

“脈拍検出をPSoCで再現” への2件の返信

  1. はじめまして、edyと申します。
    心拍検出で検索していて、こちらにたどり着きました。
    私もPSoCを使っております。
    勝手ながらリンクさせて頂きました。
    よろしくお願いします。

    1. edyさんようこそ!
      リンクのご連絡ありがとうございます。
      アナログ関係でいろいろやっていらっしゃるようですね。
      こちらこそよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)