UCKのインストールとUbuntuカスタマイズ

SOURCEFORGE.JP Magazineの「UbuntuライブCDをカスタマイズするツール、UCK」という記事を参考にしてやってみます。

まず、記事にあるとおり、.debパッケージを入手します。今の時点では、uck_2.4.4.tar.gz が最新のようです。

ダウンロードしたものをして、GDebiパッケージマネージャで開いてインストールします。今回の場合は追加パッケージとして、patch,xz-utils,fakeroot,g++,libstdc++6-4.4-dev,build-essential,gfxboot,g++-4.4,squashfs-tools,mktemp,dpkg-devが要求され、追加パッケージとして勝手にインストールしてくれました。

インストール後、「アプリケーション」→「システムツール」の下にあるUCKを選んで起動しすると、システム要件(空き領域5GB以上、インターネットアクセスができること)の確認画面が出ます。

  1. インストールする言語パック選択画面が表示されるので、ja を選択します。
  2. ライブCDのブート時に利用できる言語パック選択画面が表示されるので、ja を選択します。
  3. Desktop環境の選択画面が表示されるので、gnomeを選択します。
  4. ベースになるISOイメージを選択します。(ディスク上のファイルを選択します)
  5. 作成するライブCDの名前を入力します。(最大32文字)
  6. 構築中に手作業でカスタマイズするかと聞かれるので、Yesを選びます。
  7. Windows関連のファイルを削除するか聞かれるので、Yesを選びます。

ここからしばらくISOイメージの解凍などが行われ、しばらくするとまたメニュー画面になります。

  1. パッケージマネージャ、コンソールアプリケーション、ビルド継続を選択する画面が表示されるので、パッケージマネージャを選択して起動します。
  2. 「UCK Package manager」が起動するので、パッケージの追加削除を行います。
  3. 以下のものを削除(Complete Removalで削除)
    OpenOffice関連、Cross Platformの下のすべて、gnome-bluetooth、evolution関連、rhythmbox、aspell、empathy、gwibber、transmission、
  4. 以下のものを追加
    setserial

これで、「Apply」を押して適用します。その後、ついでに「Mark All Upgrades」でできるだけアップデートをかけておきました。で、とりあえず今回は「Continue building」を押して、継続してみます。

しばらくすると、「370001 extents written (722MB)」と表示されて、新しいISOファイルが生成されました・・・が、722MBということは、CDには入らない・・・。orz

#後でご丁寧に「でかくてはいらないよ」というメッセージまで出た・・・。

この後表示されたメッセージによると、出来上がったISOファイルは

# qemu -cdrom ISOファイル名 -boot d -m 256

として試すことができるようである。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)