ATmega644シリーズの違い

ATmega644には無印644、644P、644A、644PAがありますが、それぞれ微妙に機能が違います。

その違いをブロック図で見ていきたいと思います。(それぞれデータシートから抜粋しました)

まず無印644です。

次に、Sanguinoに使われていて、秋月でも扱っている644Pです。ちなみに秋月のサイトに掲載されているデータシートは644Aのものだったりします。

大きな変化では、

  • UART1が追加されている
  • Timer/CounterのPortへの接続先が微妙に変わっている
  • OscillatorブロックからTOSC1/TOSC2の信号が出ている

というところが変わっています。

さらに644Aです。

さらに、644Aでは16bitのT/C3が追加されているのと、なぜかもう一つ16bit T/C1 の箱が増えています。また、ポートとの接続も複雑になっています。

次に644PAです。

644PAでは大きな変更はなさそうです。

644、644P、644A、644PAでは微妙に差があるので、データシートを見るときは気をつけてみる必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)