TightVNCをインストールする

さくらのVPSマシンでは遠隔操作ソフトとしてFreeNXを使っています。しかし、最近XperiaArcoを手に入れたので、これで遠隔操作したいと思って調べてみました。残念ながらFreeNXは使用できないようで、主流はVNCのようです。その中でもFreeで使用可能なTightVNCを使ってみることにしました。

で、最新のLinuxで使用可能なTightVNCは1.3.10のようなのですが、ここでは簡単にSynapticからインストール可能な1.3.9-6を入れてみることにします。インストールはSynapticを使うのでごく簡単で、「VNC」で検索して「tightvncserver」を選択してインストールするだけです。

インストールしたら、「アプリケーション」→「インターネット」→「X11VNC Server」で起動し、設定を行います。ここではセキュリティ確保のため、SSHを使ったトンネル接続を行いますので、「Listen on localhost」と「File Transfer: TightVNC」にチェックを入れてOKを押します。さらに、「Accept Connections」とパスワード設定をしてOKを押します。Ubuntuのリモートデスクトップビューアはパスワードがなくても問題ありませんが、Androidの Android-vnc-viewerの方はパスワードがないとアクセスできませんでした。

さらに、TightVNCは暗号化などのセキュリティがないために、sshトンネルと併用しなければなりません。

テストのためローカルのUbuntuからSSHトンネルを掘って接続してみます。

$  ssh -p (SSHポート) -L 15900:localhost:5900 userid@接続先

で手元のマシンの Port 15900 がSSHでログインした先から見た localhost:5900 にトンネル接続されます。この状態でローカルのリモートデスクトップビューアで localhost:15900 に接続すると、リモートマシンの画面が表示されました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)