三陸沖北部の地震

今日の明け方から立て続けに比較的大きな地震が起きています。

下記の資料はすべて防災科学技術研究所の高感度地震観測網の震源情報からの引用です。

まず、発生した地震のうちの主なものは以下の通りで、時刻、場所、震源深さ、マグニチュードです。

2011-09-17 16:34:03	岩手県北東沖	        40.2N	142.8E	44km	5.6
2011-09-17 10:19:00	岩手県北東沖	        40.2N	142.9E	17km	4.3
2011-09-17 07:40:54	三陸東方はるか沖	40.2N	143.1E	23km	5.6
2011-09-17 06:36:45	三陸東方はるか沖	40.0N	143.2E	23km	5.7
2011-09-17 06:08:16	岩手県北東沖	        40.2N	142.8E	11km	5.9
2011-09-17 05:11:24	三陸東方はるか沖	40.2N	143.2E	21km	5.5

次にここ24時間の震源マップです。

薄いピンクで囲った部分に比較的大きな地震が立て続けに起きていることがわかります。しかも直線上に並んでいるようにも見えます。

次の資料は、直近7日間の震源マップです。

今回の一連の地震が起きている直線を境に南側は日本海溝に沿って東日本大震災の余震が起きていますが、北側の日本海溝沿い(ピンクの領域)はあまり地震のない領域に見えます。ここ最近、北海道の日高地方でも地震が頻発していますが、これもピンクの領域の辺縁にあたるので、ちょっと気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)