QEMU+Qemu Launcher

せっかく仮想化支援機能であるVT-xが使えるCore-i3を導入したので、使ってみたくなりました。

というわけで、Ubuntuで動く仮想マシンの「qemu」「qemu-kvm」とそのGUIインタフェースである「Qemu Launcher」をSynapticからインストールしました。

で、使い方ですが、

  1.  qemu-launcherをコマンドラインから起動(メニューからでも起動できるようです)
  2. 「Disks and memory」で
    1)CD-ROMにmountコマンドで調べたマウントポイントを記入します
    2)Hard disk 0 に「New」で「empty QCOW2 image」を作ります
    3)「Use  CD-ROM」にチェックを入れます
    4)「Boot disk」を「CD-ROM」にします
  3. 他のタブを設定します。
    1)キーマップはデフォルトから変更してはいけません
    2)サウンドはお好みでイネーブルにします
  4. 「Lanuch」を押します

で無事に動きました。(2回目以降はDiskImageを作らなくてもよいはず・・)

今回は試しにWindows2000をインストールしてみましたが、ドライバも特に必要なく、QEMU自体には特に大きな問題もなくインストールできました。

ただ、Windows2000自体が古いのでInternetExplorer 5.0 しか入っておらず、MicrosoftのWebサイトも正常に表示できないので6.0へのアップデートやFirefoxのインストールには少々難儀しました。また、アンチウイルスソフトとしてAvira AntiVir Personal をインストールしたのですが、WindowsUpdateとの関係でなかなかうまくいきませんでした。(結局、WindowsUpdateをインストールし直し(?)でうまいくいきましたが・・・・)

また、WikipediaではUSBが使えそうなことを書いてありますが、とりあえずQemu LauncherのUIの範囲ではそれらしいものは見つかりませんでした。
ワンチップマイコンの開発ツールでどうしてもWindowsを要求するものもあるので、そういうケースで使えればと思ったのですが、ちょっと残念・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)