APTonCDによるDVD作成

前回の続きです。

apt-mirrorによってリポジトリを作成したら、パッケージファイルをキャッシュディレクトリに移動します。このあたりは、こちらを参考にしました。(LinuxMintなので、ルート権限の扱いのところだけ修正してあります)

$ cd /var/spool/apt-mirror #ミラーの格納用ディレクトリに移動
$ find mirror/ -iname *.deb | sudo xargs mv -t /var/cache/apt/archives #パッケージファイルを検索して、各ファイルをキャッシュディレクトリに移動

処理は1分くらいで終わりますので、APTonCDを起動します。

多分リストアップ処理をしているのでしょうが、かなり時間がかかります。

完了すると、ディスクに書き込むパッケージを選択する画面が出てきますが、ここまでの手順ですと、トータルで36901ファイルで40.4GB、選択されたものだけでも33859ファイルで35.8GBとの表示が出ています。容量に差があるのは、同じパッケージが複数ある場合には、バージョンが古いほうが除外されるためです。

で、このままBurnを押すと・・・・DVD9枚という表示が出ました。さすがにちょっと・・・ですねぇ・・・。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)