MPLAB-XをLinuxMint11 x64にインストールしてみると・・・

MPLAB-Xを試してみることにしました。

64bit環境で32bitバイナリを動かすため、ia32-libsパッケージをインストールします。

$ sudo aptitude install ia32-libs

次に、インストーラを起動します。

$ chmod 755 *.run
$ ls
mplabc18-v3.40-linux-full-installer.run mplabx-ide-v1.10-release-notes.01
mplabc30-v3.30c-linux-installer.run mplabx-ide-v1.10-release-notes.01.zip
mplabc32-v2.02-a-linux-installer.run picc-9.82.9453-linux.run
mplabx-ide-v1.10-linux-installer.run
$ ./mplabx-ide-v1.10-linux-installer.run
(main.tcl:3260): Gtk-WARNING **: /usr/lib/gtk-2.0/2.10.0/engines/libaurora.so: 間違った ELF クラスです: ELFCLASS64
$

・・・・がっくり。今日は諦めよう。

やっぱり、この手のツールはWindowsから離れられないんでしょうかねぇ・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)