RasPi Rev2は英国製になるかも?

9/6のRaspberry Piの公式ページの書き込みをみると、いずれ製造は中国から英国に移るようです。

もともと英国国内で作ってくれる工場を探していたのだけど、1万台製造が前提でモデルAで25ドル、モデルBで35ドルで販売するためのコストが合わなかったため、一度は中国で作る決断をしたとのこと。が、実際には数十万台という数がまとまる実績ができたこともあって、Sony UKに生産が移るようなことが書かれています。途中、Sony UKの技術・品質の高さが蕩々とかかれていますが、Sony UKでは月産3万台の製造を予定していて、30人くらいの新たな雇用が生まれるようです。

英国で製造されたかどうかは、電源ジャック(MicroUSBコネクタのことでしょう)の隣に「Made in the UK」と書かれているかでわかるようです。

あ、あと、Rev.2の基板写真も上がってました。
翌日の公式ページにも載っています)

写真を見て気づいたことは、

  • リセット用のジャンパはHDMIコネクタの脇っぽい
  • 追加されるコネクタP5はP1の隣っぽい
  • 改版は12月には終わってたっぽい
    (Raspberry Pi (c)2011.12 のシルクがある)
  • M2.5の取り付け穴は概ね予想通りの位置
  • CEマーク、FCCマークが表面に移動している
  • WEEEリサイクルマーク(ゴミ箱×マーク)が表面に移動している

といったことでしょうか??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)