Pythonでシリアルポート操作

ArduinoベースのデバイスをUSB経由で操作するにはシリアルポートとして操作するのが一番お手軽です。
そこで、こんどはシリアルポートの操作をPythonで行う方法を試してみました。

1.シリアルポートライブラリのインストール

$ sudo apt-get install python-serial

2.シリアルをエコーするプログラムを作成

#!/usr/bin/env python
import serial
import time

ser=serial.Serial(
    port = '/dev/ttyUSB0',
    baudrate = 9600,
    parity = serial.PARITY_NONE,
    bytesize = serial.EIGHTBITS,
    stopbits = serial.STOPBITS_ONE,
    timeout = None,
    xonxoff = 0,
    rtscts = 0,
#    interCharTimeout = None
)

ser.open()

while 1:
    print ser.readline(),

これで無事に /dev/ttyUSB0 からの入力をコンソールに表示できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)